イノベーションNO1

イノベーションNO.1

ちょっと昔話です。

当時26才だった僕は、
イノベーションをおこす必要が
ありました。

それまではブランド品の
ネットショップのコンサルや
スポーツ用品の通販の運営などを
していました。

でも、
新しく建てた会社の事業として
フリーペーパーを作ることに
なったのです。

当時はフリーペーパーが
乱立し始めていた時でした。

新しいフリーペーパーを作れば、
ニュースになって話題になる
時代だったんですね。

だから
会社のブランディングも兼ねて
「意図的」にフリーマガジンを
立ち上げたのです。

案の定、
僕の会社が発行したフリーマガジンは
メディアに取り上げられました。

「革新的」な内容だったため、
「面白い」となってメディアが
食いついてくれたわけですね。

実はこの時、
いくつかのイノベーションが
「意図的」に行われています。

1つは僕自身のイノベーション。

ネットショップやインターネットは
詳しかったのですが、
フリーマガジンなんて
作ったことがありませんでした。

せいぜいPhotoshopというソフトで
チラシもどきや画像加工を
したことがあるぐらいです。

トンボ?ノンブル?表1??
何のことかさっぱりでした。

紙媒体のデザインの知識なんて
ほとんど知らなかったんです。

しかも技術的にも
Illustratorというソフトなどは
使ったこともありませんでした。

でも、
フリーマガジンを出すと決めたので
自分自身にイノベーションを
意図的に起こしたんですね。

つまり、
僕自身の技術にイノベーションを
起こしたということです。

もう1つはカテゴリの
イノベーションです。

ニッチをサブニッチ化する
とも言いますね。

ニッチは隙間という意味です。

だから、
「フリーペーパー」+「オタク」
でイノベーションをしました。

だけど、
これだけではまだ「ニッチ」です。

すでに東京で存在していました。

そこから、
「フリーマガジン」+「メイドカフェ」
にしたんですね。

これで
革新的なメディアの誕生です。

フリーペーパーはありましたが
フリーマガジンという冊子形式は
当時は少なかったんですね。

大判の紙を折りたたんだものが
多かったんですよ。

だから、
差別化を意図的にしました。

そもそもオタク関連の内容なので、
当時は街ナカで広げるのも
抵抗があるものだったんです。

そこで、
コンパクトにして使いやすく
したわけですね。

ついでに言うと、
オタクでは抽象度が高いので、
メイドカフェにサブニッチ化
しました。

最終的にはメイドカフェよりも
抽象度が高い「萌え」にして
内部顧客のシェアを取りにいく
戦略を選んだのですが、
そこは別のお話です。

結果としてオタク業界は
日本一=世界一みたいな
ところがありましたので、
僕の会社のフリーマガジンは
「世界一」のメディアに
なったんですね。

オンリーワンであることは、
ナンバーワンってことです。

つまり、
僕の会社は創業当時から
「意図的」に「イノベーション」を
おこすことで顧客の認知を
獲得していったんですね。

これは、
ビジネスを拡大する為に
あなたにも必要だと思いませんか?

要は意図的に
あなたやあなたのビジネスに
イノベーションを起こすという
ことです。

イノベーションは何も
技術革新のことだけを
言うわけではありません。

あなた自身のマインドや
あなた自身のスキル、
あなたのビジネスの理念や
あなたのビジネスの商品、
そして
マーケティングそのものや
セールスに至るまで
革新は必要なんじゃないですか?

ドラッカーもビジネスの機能は
「マーケティング」と
「イノベーション」の
2つだけと表現していますよね?

だからあなたもぜひ、
僕からヒントを手に入れて
イノベーションを意識してみて
くださいね。

読めます!メルマガ読者限定コンテンツ

無料メルマガ配信にご登録いただければ、メルマガ読者限定コンテンツを閲覧することが可能になります。
無料メルマガでは、小さな会社でも使える儲ける仕組みの作り方についても公開。そのノウハウに再現性がある証拠に僕の会社は様々な事業で話題になり、日本経済新聞やテレビ朝日など108回以上も報道されました。ただ、大事なのはあなたのビジネスが報道されることではなく、話題にされるだけの「差別化」ができることだと思います。
メルマガ「ビジネスの真理」は、僕が社員7人の会社で18億円を売り上げた実績を基に、マーケティング・心理学・自己啓発の書籍や高額なプログラムを大量に分析した結果得られた情報を無料でお伝えしています。
僕の名刺をお持ちであれば、名刺に描かれているマトリックスの解説を知ることができますよ。

無料メルマガの詳しい内容

SNSでもご購読できます。