ビジネスとギャンブルの違い

ビジネスとギャンブルの違い

TM瞑想を学んできました。

結論。

良いですね。TM瞑想。

瞑想の話なんかを聞いてると
宇宙と繋がるとか神の啓示がとか
言う人が居るようなんですが…

あの類とは違いましたね。笑

スピリチュアル的なものではなく
ストレス解消に役立つツール
って捉え方で良いと思います。

特に起業家や経営者にとっては
かなり有効だと思いますよ。

だって、
ストレス…抱えてますよね?笑

継続的にやっていこうって
思いましたよ。

というわけで、
先週は東京に行ってました。

その時にお手伝いしたセミナーで
久しぶりに聞いたキーワードが
あったので関連情報をシェアします。

あなたは、
ビジネスとギャンブルの違いを
明確にできてますか?

ちなみに僕はその昔、
ビジネスは確率が51%以上で
ギャンブルは確率が50%以下
なんて教えられたことが
ありました。

まぁ、
そんなわけないですね。笑

じゃあ勝利確率20%で
利益が得られないのか?

と言うとそんなことは
ありませんからね。

例えば、
勝率20%でも配当が10倍なら
確実に勝てます。

毎回10万円を投資したとして
5回に1回は10倍になるのなら、
5回チャレンジした時の理論値は
40万円マイナスで100万円プラス。

結果は60万円のプラスです。

理論的には、
50回やれば600万円のプラスで、
500回やれば6000万円のプラス。

続ければ続けるほどに
利益が発生することになります。

要するに、
確率だけでビジネスか
はたまたギャンブルかというのは
決定できるわけじゃないって
ことですね。

じゃあ、
何がビジネスとギャンブルは
違うのか?

それは確率、
そしてリスクの管理が
できてるかどうかです。

例えば勝利確率が20%なら、
5回は勝負ができる程度に
リスクを管理する必要が
あります。

なぜなら勝率20%ということは、
5回に4回は負けるって
ことだからです。

4回負けても大丈夫な状況を
作っておく必要があるって
ことですね。

そうすれば必ず勝てます。

だから逆に言うと、
勝率20%であったとしても
1回勝負しかできない状況は
ギャンブルになってしまいます。

じゃあ、
確率とリスクの管理ができてたら
OKかというとそれも違いますね。

今度は配当の問題があります。

例えば
勝率20%で配当が4倍なら?

これもギャンブルです。

なぜなら、
5回に1回勝てたとしても
必ず手元の資金は減って
いくからです。

もちろん理論値なので
いきなり3回連続で勝てた
なんてこともあり得ます。

でも、
それはギャンブルで勝ったに
過ぎませんよね。

ということで、
ビジネスとギャンブルの違いは
「確率」と「リスク」と
「配当」が管理下にあるかどうか
ってことですね。

だからあなたがもし、
広告の顧客転換率が分からない。

なんて言ってたら、
それは「確率」を管理できてない
ってことなのでギャンブルを
してるってことになります。

顧客を1人獲得する
顧客獲得単価が分からないって
言ってたら「リスク管理」が
できてないってことなので
やっぱりギャンブルをしています。

顧客1人あたりいくらの利益を
あなたにもたらしてくれるのか?

顧客生涯価値が分からなければ、
「配当」が管理できてないので
これもギャンブルです。

あなたは、
ビジネスをしていますか?

それとも、
ギャンブルをしていますか?

P.S.
ほとんどの起業家や経営者が
ビジネスだと思い込んで
ギャンブルをしています。

あなたの周りの
起業家や経営者も、
一見ビジネスをしているようで
ギャンブルをしている人が
多いはずです。

あまり周囲に惑わされずに
人事を尽くしていきましょう。

読めます!メルマガ読者限定コンテンツ

無料メルマガ配信にご登録いただければ、メルマガ読者限定コンテンツを閲覧することが可能になります。
無料メルマガでは、小さな会社でも使える儲ける仕組みの作り方についても公開。そのノウハウに再現性がある証拠に僕の会社は様々な事業で話題になり、日本経済新聞やテレビ朝日など108回以上も報道されました。ただ、大事なのはあなたのビジネスが報道されることではなく、話題にされるだけの「差別化」ができることだと思います。
メルマガ「ビジネスの真理」は、僕が社員7人の会社で18億円を売り上げた実績を基に、マーケティング・心理学・自己啓発の書籍や高額なプログラムを大量に分析した結果得られた情報を無料でお伝えしています。
僕の名刺をお持ちであれば、名刺に描かれているマトリックスの解説を知ることができますよ。

無料メルマガの詳しい内容

SNSでもご購読できます。