どんな考え方で商品を用意する

どんな考え方で商品を用意する?

4月からずっと、
自分が世界一になるための商品は
何だろうかと探し続けています。

前の会社のビジネスはその辺りが
楽だったんですよね。笑

オタク業界だったので、
日本一になればイコール世界一
みたいなところがありました。

情報の拡散スピードも速いので、
尖った商品を提案すれば
かなり早くポジショニングを
確立できていたように思います。

ちなみに、
あなたは商品を用意する時、
どんな考え方で用意することを
決めてますか?

おそらくですが
売上を上げる為とか、
新しい顧客を増やすため
みたいな考え方を
しているのではないかと
思いますがいかがでしょう?

コレは実際僕も
そのように考えていましたし、
別におかしなことでは
ないと思います。

でも、
次の考え方を聞いた時、
僕は目から鱗が落ちる思いを
しました。

その考え方とは…。

商品は顧客との関係を
作るために用意する。

僕が言う商品には
製品もサービスも含んで
います。

その商品が、
顧客との関係を作る為に
存在しているっていう
考え方です。

最初は
よくわかりませんでしたね。

でも、
色々とマーケティングを
学んでいくにつれて、
その本質がわかるように
なっていったんですね。

顧客創造と維持の循環の構築

これが僕が定義している
ビジネスの目的です。

だから、
僕の主宰する勉強会などでは
商品を用意する時は、
こう考えてもらうように
お伝えしてます。

顧客創造と維持を行う為に
商品を用意する。

顧客を顧客と見なすのは、
あなたから商品を
購入してくれたからですね?

だから、
商品を購入しなくなったら、
「非顧客」となってしまいます。

そこで、
顧客が非顧客にならないように
商品を用意するんです。

そうすると、
利益が一切ない商品を用意するとか
逆に赤字の商品を用意するといった
ことも考えられます。

え?

と思うかもしれませんね。

でも、
2回購入した顧客は
リピーターになる確率が
飛躍的に上がるみたいな
データが出ているなら?

とにかく2回購入してもらう
商品を用意すればいいって
発想です。

そうすればLTV(顧客生涯価値)が
上がって結果的に長期的な利益が
生まれるってことが
あり得るんですね。

1回しか商品を
買ってくれてない顧客が
あなたの顧客であり続ける為に
2回目に買う商品を用意する。

そうしたら3回目で利益が出て、
一気に平均購買回数が10回以上に…

みたいなことが出てくるって
ことです。

顧客との関係を作るために
商品を用意するという発想を
あなたが理解できた時、
あなたのビジネスは
大きな転換点を迎えることに
なると思いますよ。

P.S.
顧客との関係を作るために
何でも商品を作ればいいと
いうわけではないですよ?

社会の利益となるような
ものでないと、
顧客が得を感じるなんてことは
あり得ないですからね。

そういう意味では
例え無料でも変な記念品とかは…
やめた方が良いと思います。笑

無料メルマガ「ビジネスの真理」

小さな会社でも使える儲ける仕組みの作り方に興味はありませんか?そのノウハウに再現性がある証拠に僕の会社は様々な事業で話題になり、日本経済新聞やテレビ朝日など108回以上も報道されました。ただ、大事なのはあなたのビジネスが報道されることではなく、話題にされるだけの「差別化」ができることだと思います。
メルマガ「ビジネスの真理」は、僕が社員7人の会社で18億円を売り上げた実績を基に、マーケティング・心理学・自己啓発の書籍や高額なプログラムを大量に分析した結果得られた情報を無料でお伝えしています。
合わせてメルマガ読者限定公開のブログコンテンツなどもご覧いただけますので、興味があればぜひ詳しい内容をご覧ください。
僕の名刺をお持ちであれば、名刺に描かれているマトリックスの解説を知ることができますよ。

無料メルマガの詳しい内容

SNSでもご購読できます。