0210タクシー初乗り410円でどうなった??

タクシー初乗り410円でどうなった??

東京でダイレクト出版さんのザ・レスポンス サミットに出席しています。
今日は新規顧客獲得の最新事例を聞いたりしているので
どこかでシェアできたら良いなと思っています。

と、そんなサミットに行く道中、移動にタクシーを使いました。
東京は初乗りが730円から410円になったんですよね。
ご存知でしたか?
海外のタクシーと比べて日本のタクシーは高いので
安くなって良かったって思ってたんですよ。
使いやすくなったし、お客さんも増えるんだろうなと。
お客さんも運転手さんもWin-Winやんって感じですね。

で、410円になって初めて乗ったので
タクシーの運転手さんに聞いてみたんです。
「410円になってどうですか?」って。
すると…
「いやー、お客さんが減りました。」
という回答が。
え?そうなんですか?
安くなって使いやすくなってお客さんが増えるんじゃなくて?
減ったんですか??
どういうことか分からなくて詳しく聞いてみました。
「…何でなんですか?」
すると、運転手さんは暗いトーンで答えてくれました。
「お客さんに聞いたんですけどね、嫌な顔されるからっていうので歩くんですって…」
は?
嫌な顔をされるのが嫌だから歩く…。
すごい理屈ですね。笑

つまり、今まで近場の移動で使ってた人も410円になったから使いづらくなったってことらしいんです。
730円払ってたのが410円になって罪悪感が生まれちゃったらしいんです。
だからお客さんが減ってしまったってことだそうです。
そんなことってあるんですね。
なんて非合理的な判断。
合理的な判断をするのなら近場の移動に安く使えるからタクシーを頻繁に使えば良いはずですよね。
それが感情的な理由で非合理的な判断を余儀なくされているってことだそうです。
日本人だからなのか、東京だからなのか、ちょっと分からないんですが僕には理解ができませんでした。
だって、僕はバンバンタクシーを使おうって思ってた側の人間だったので。

と、そんな話をしているうちに目的地に到着。
メーターは…730円。
410円の恩恵は受けられず。
そして、湧き出てくる感情。
何か運転手さんゴメンなさい。
あ、この感情ですね。笑

今回のような価格設定もそうですが、人は必ずしも合理的な判断をするとは限りません。
あなたが「こうだろう」と思ったこともやってみないと結果はわからないんですね。
だから常にテストしてみてください。
「こうだろう」と決めつけずにテストをして結果を見る癖をぜひ付けてくださいね。

眞心マーケティングと眞心イノベーションを
心がけていきましょう。

P.S.
2/10まで19冊が無料!
http://www.settoku.com/170210
僕のオススメの5冊は以下です。
脳科学マーケティング100の心理技術
「右腕採用力」養成講座
屁理屈なし社長のための時間の使い方
大富豪の仕事術
現代広告の心理技術101
電子書籍は音声でも再生できるからオーディオブック代わりにもなるのでお得ですよ。
http://www.settoku.com/170210

読めます!メルマガ読者限定コンテンツ

無料メルマガ配信にご登録いただければ、メルマガ読者限定コンテンツを閲覧することが可能になります。
無料メルマガでは、小さな会社でも使える儲ける仕組みの作り方についても公開。そのノウハウに再現性がある証拠に僕の会社は様々な事業で話題になり、日本経済新聞やテレビ朝日など108回以上も報道されました。ただ、大事なのはあなたのビジネスが報道されることではなく、話題にされるだけの「差別化」ができることだと思います。
メルマガ「ビジネスの真理」は、僕が社員7人の会社で18億円を売り上げた実績を基に、マーケティング・心理学・自己啓発の書籍や高額なプログラムを大量に分析した結果得られた情報を無料でお伝えしています。
僕の名刺をお持ちであれば、名刺に描かれているマトリックスの解説を知ることができますよ。

無料メルマガの詳しい内容

SNSでもご購読できます。