%e3%83%90%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%83%89%e3%81%a7%e5%88%a9%e7%9b%8a%e3%82%92%e5%87%ba%e3%81%95%e3%81%aa%e3%81%84%e3%83%91%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%83%b3

バックエンドで利益を出さないパターン

あなたがもしマーケティングを
少しでも勉強していたら
「利益はバックエンドから」
という言葉を聞いたことが
あるかもしれませんね。

バックエンドというのは、
2回目以降の取引のことを言います。

1回目の取引がフロントエンド、
2回目以降の取引がバックエンドですね。

で、
ある程度学んでいると、
フロントエンドで利益が出なくても
いいんだよって話が出てきます。

なぜなら、
バックエンドで利益を出すから
問題ないんですよってことです。

だから、
多くの人がバックエンドでは
利益が出る商品を取り扱おうと
すると思います。

あなたはいかがですか?

2回目以降の取引で
利益が出る商品を用意してたり
しませんか?

でも、
実はバックエンドで
利益を出さないパターンも
あるって知ってましたか?

本来利益が出るはずの
バックエンドで利益を出さない。

そういうパターンがあるんですね。

要するに、
利益度外視でバックエンドを
顧客に提供するってことです。

何ででしょう?

それは…

顧客を維持する為です。

ビジネスの目的は、
顧客創造と維持の循環の構築です。

つまり、
利益を無視してでもバックエンドを
顧客に提供する理由。

それは顧客を維持することを
目的としている場合なんですね。

顧客との関係性を保つためです。

というより、
顧客が顧客であり続けるには、
商品を取引しないと成立しません。

デートをしなくなったら、
元カレ元カノのになるのと同じです。笑

商品を取引しなくなったら、
元顧客になってしまいます。

さらっと言ってますが、
ここは重要なポイントですよ?

「商品は顧客を維持する為にある」
ってことですね。

だから、
利益度外視でバックエンドを
提供する場合があります。

僕のクライアントのところでは、
3ヶ月以上来店がないと
半額クーポンが送られる仕組みに
なっています。

顧客との関係を維持する為です。

利益は二の次ってことですね。

あなたは、
顧客を維持する為に
利益のでないバックエンドを
用意していますか?

人事を尽くしてノーテンションで
いきましょう。

P.S.
大事なのは、
利益の出ないバックエンドが
あるかどうかってことじゃ
ないですよ?

利益を無視してでも、
顧客を維持する為の商品を
用意してるか?ってことです。

バックエンドは
顧客を維持する為にあるって
ことなんですね。

読めます!メルマガ読者限定コンテンツ

無料メルマガ配信にご登録いただければ、メルマガ読者限定コンテンツを閲覧することが可能になります。
無料メルマガでは、小さな会社でも使える儲ける仕組みの作り方についても公開。そのノウハウに再現性がある証拠に僕の会社は様々な事業で話題になり、日本経済新聞やテレビ朝日など108回以上も報道されました。ただ、大事なのはあなたのビジネスが報道されることではなく、話題にされるだけの「差別化」ができることだと思います。
メルマガ「ビジネスの真理」は、僕が社員7人の会社で18億円を売り上げた実績を基に、マーケティング・心理学・自己啓発の書籍や高額なプログラムを大量に分析した結果得られた情報を無料でお伝えしています。
僕の名刺をお持ちであれば、名刺に描かれているマトリックスの解説を知ることができますよ。

無料メルマガの詳しい内容

SNSでもご購読できます。