%e3%83%93%e3%82%b8%e3%83%8d%e3%82%b9%e3%81%8c%e3%81%86%e3%81%be%e3%81%8f%e8%a1%8c%e3%81%8f%e3%83%91%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%83%b3

ビジネスがうまく行くパターン

うまく行くクライアントは
どんな感じですか?
と質問されて、
少し考えてみました。
前に話したことがありますが、
数字に熱心だというのは
間違いありません。
仮説検証をするのに
効果測定をしっかりやるという
共通点があります。
でも、
それ以外に何だろう?
と考えてみると、
出てきた答えがありました。
それは…

やりたいことを
質問してきてくれる
っていう点ですね。
しかも、
そこには一つポイントがあります。
実際に手を動かす人が
質問をしてきてくれるんですね。
例えば、
経営者と従業員がいた場合、
手を動かすのが従業員なら、
従業員が質問をしてくる場合です。
もちろん、
小さな会社で経営者自らが
手を動かしているなら、
経営者が質問をしてきます。
そういう場合はうまくいきますね。
なぜなら、
結局のところビジネスを進めるのは
情熱だと思うんですよね。
僕がやってるのは、
その情熱に対する掛け算なんだと
思います。
要するに、
情熱に1を掛けて仕事をしてたなら、
僕のコーチングでその1が2とか3に
なるイメージです。

結局、
手を動かす人が「やりたい」と
言ったことに対して、
どうアプローチするかなんだと
思います。
リソースは有限ですからね。
そうやって情熱に対する
掛け算を修正するからこそ、
レバレッジが効いて
成果が爆発的に上がるんじゃ
ないでしょうか。

うまく行くには情熱が大事です。
その情熱を活かせる「やり方」を
僕のメルマガからでも良いですし
何か見つけてくださいね。

人事を尽くしてノーテンションで
いきましょう。

P.S.
今、思い返してみると、
うまく行かない人の共通点も
ありますね。
それは、
「忙しい」を口に出す人です。
従業員でも起業家でも
同じでしょうね。
「忙しい」と言って
時間がないことをアピールする人は
うまく行かない印象です。
そもそも、
時間をどのようにやり繰りするかが
ビジネスというか人生そのものの
課題なわけですしね。笑
忙しいと言って
できない理由を述べる人よりも、
分かりましたと言って
やる方法を探す人の方が
うまく行ってると思いますよ。
まぁ、
当たり前ですよね?

読めます!メルマガ読者限定コンテンツ

無料メルマガ配信にご登録いただければ、メルマガ読者限定コンテンツを閲覧することが可能になります。
無料メルマガでは、小さな会社でも使える儲ける仕組みの作り方についても公開。そのノウハウに再現性がある証拠に僕の会社は様々な事業で話題になり、日本経済新聞やテレビ朝日など108回以上も報道されました。ただ、大事なのはあなたのビジネスが報道されることではなく、話題にされるだけの「差別化」ができることだと思います。
メルマガ「ビジネスの真理」は、僕が社員7人の会社で18億円を売り上げた実績を基に、マーケティング・心理学・自己啓発の書籍や高額なプログラムを大量に分析した結果得られた情報を無料でお伝えしています。
僕の名刺をお持ちであれば、名刺に描かれているマトリックスの解説を知ることができますよ。

無料メルマガの詳しい内容

SNSでもご購読できます。