%e3%83%93%e3%82%b8%e3%83%8d%e3%82%b9%e3%81%8c%e9%80%b2%e3%81%be%e3%81%aa%e3%81%84%e4%ba%ba%e3%81%a8%e3%81%ae%e9%81%95%e3%81%84

ビジネスが進まない人との違い

ビジネスがなかなか進まない
っていう相談を受けました。

色んなことに追われているのに
何も進まないから焦ってるそうです。

確かに、
僕から見てても色んなことを
やってる感じはしてました。

ただ、
「意図」がよく分からないものが
多かった印象でした。

そしたら案の定、
僕との違いが知りたくなったそうです。

まぁ、
僕は色んな事業を
進めてきましたからね。

少人数でよくもこんなに
ってぐらいの実現力を
発揮してました。笑

インターネット通販サイトは
最大9店舗やってました。

実店舗は3つやりましたか。

イベントは年間100会場以上で
やってましたね。

しかもイベント企画は、
多い時は4つとか5つが平行して
進んでました。

さらにフリーマガジンも発刊して、
ゲーム事業もやって…

いつも書いてて思いますけど
アホですね。笑

正直、
自慢にもならないことなので
あまり言いたくはないですが、
実現力があった証拠には
なるはずです。

ってことで、
なんでこれだけのビジネスを
立ち上げることができたのか。

そして進めることが
できたのかってことですね。

その理由は…

クリティカルサクセスファクターを
満たすことに重点を置いてたからです。

クリティカルサクセスファクターは、
重要成功要因なんて訳されます。

要するに、
ビジネスを成立させるのに重要な
「必要最低条件」って感じで
使ってもらったら良いと思います。

当時は、
クリティカルサクセスファクター
なんて言葉は知りませんでしたよ?

ただ、
ビジネスを成立させるのに
最低限必要となることが何かを
分析して行動してたんですね。

逆に言うと、
それ以外のことは放置です。

なぜなら、
そんな暇がないからです。笑

だって超少人数でしたからね。

最低限のことをやるのに必死です。

ここを勘違いする人が
多いので注意して欲しいのですが、
やりたいことをやってるようじゃ
ダメだったってことです。

やりたくないことはやらない
とかではダメだってことです。

やらなければいけないことを
やる必要があるんですね。

「○○しなければならない」
で動いてはいけないとか言うから、
勘違いする人も多いんでしょう。

でも、
最低限必要なことはやっぱり
やらなければいけないんですね。

僕が言う「人事」とは
そういうもののことです。

例えて言うなら、
釣りをする時を考えてみてください。

餌は必要です。

針も必要です。

竿も必要でしょうね。

玉網も必要かもしれません。

その漁場に釣り人がいるのかを
知ることも必要でしょう。

どんな魚が集まるのか知るのも
必要でしょうし、
その魚がどんな特性なのかを
知るのも必要なんですね。

え?餌なくても釣れるやん。

とか、

釣り人がいるか知らなくても
大丈夫じゃないの?

ってのは甘いですよ。

そんなのは再現性のない
ただのラッキーってやつです。

博打、ギャンブルです。

市場では、
あなたが望まなくても
競争が起きてますからね。

その競争に「負けない」条件を
満たす必要があるってことです。

だから、
クリティカルサクセスファクターを
満たすことにフォーカスする
必要があるんですね。

それ以外のことは、
ビジネスが成立するまでは
ただの道楽だと思ってください。笑

やりたいからやる。

やりたくないからやらない。

それは趣味の話ですね。

そんなことでは、
ビジネスは進まないと思います。

大事なことは、
クリティカルサクセスファクターを
見極めてひたすらやる。

それ以外をやらない。

それが
「人事を尽くす」ってことですよ。

あなたは、
ビジネスを成立させるための
必要最低条件にフォーカスして
いますか?

それ以外のことに
精を出していませんか?

人事を尽くしてノーテンションで
いきましょう。

P.S.
やりたくないことを
やらなくても良いのは
条件によりますよね。

回避策とか代替案で
満たすのはOKですが
「逃げ」は許されません。

お金があったりとか、
チームがあったりするなら、
やりたくない必要最低条件を
他人に任せるのがオススメです。

読めます!メルマガ読者限定コンテンツ

無料メルマガ配信にご登録いただければ、メルマガ読者限定コンテンツを閲覧することが可能になります。
無料メルマガでは、小さな会社でも使える儲ける仕組みの作り方についても公開。そのノウハウに再現性がある証拠に僕の会社は様々な事業で話題になり、日本経済新聞やテレビ朝日など108回以上も報道されました。ただ、大事なのはあなたのビジネスが報道されることではなく、話題にされるだけの「差別化」ができることだと思います。
メルマガ「ビジネスの真理」は、僕が社員7人の会社で18億円を売り上げた実績を基に、マーケティング・心理学・自己啓発の書籍や高額なプログラムを大量に分析した結果得られた情報を無料でお伝えしています。
僕の名刺をお持ちであれば、名刺に描かれているマトリックスの解説を知ることができますよ。

無料メルマガの詳しい内容

SNSでもご購読できます。