ビジネスと恋愛はココが似ている

ビジネスと恋愛はココが似ている

最近、
パソコンの調子が悪かったりで
メルマガ原稿が2本ほど消えました。笑

従業員には教えてたんですけどね。

Ctrl+S(上書き保存)は、
クリエイターの合言葉だって。

何か制作をする時は、
気をつけてくださいね。

というわけで、
ネタが飛んでしまいましたが、
面白そうなのをカレーとナンを
食べてる時に思いついたので
シェアします。

あなたは、
商品を顧客と取引する為に
どれくらいの媒体を使ってますか?

媒体っていうのは、
要するに顧客と接触する方法
みたいな感じです。

恐らく、
あまり多くの方法を使ってないんじゃ
ないかと思いますけどいかがでしょう?

でも、
それじゃうまくいきません。

このことを考える時、
恋愛を例にすると分かりやすいことに
気付きました。笑

例えば、
あなたが恋人を作りたいと
思ってたとしましょう。

となると、
まずは出会いですね。

何でしょうね?

飲み会?同窓会?知人の紹介?

交流会とか習い事とか職場も
あり得ますか。

最近ならSNSとか出合い系も
ありかもしれませんね。

いずれにせよ、
恋人候補に最初に出会う場所が
あるはずです。

で、
そこでいきなり告白しますか?笑

しないですよね。

最初に接触してスグに
告白するとかはナンセンスです。

というかキモいと
思われるかもしれません。笑

なので、
普通に考えたらコミュニケーションを
取ろうとするはずですよね。

出会った次の日からでも良いでしょう。

何でコミュニケーションを
取るでしょうか?

携帯電話?メール?LINE?

スカイプとか
Facebookのメッセンジャーとか
ショートメッセージとか
考えられますよね。

昔だったら、
手紙とか自宅の電話も
あり得たでしょうね。

要するに、
あの手この手で連絡を取り合おうと
しませんか?

そのうち、
相手がよく使うコミュニケーションの
方法が分かってきたら、
それをメインに使用するはずです。

そしてデートのお誘いですね。

ごちそうするからとか、
なんでも良いと思いますけど
気軽に応じられる誘いを
するんじゃないかと思います。

そうやってデートの場で告白。

だいたいこんな流れでしょうか?

あくまで一般的にですよ?笑

これをビジネスに置き換えて
見てみましょう。

最初の出会いの部分。

それはビジネスで言うなら、
広告媒体です。

ブログやHPをはじめ、
Facebookとか雑誌とか、
Youtubeとかツイッターとか
そういった類のものですね。

リスティング広告や
Facebook広告、チラシやDMも
同じような感覚です。

要するに
恋人候補に出会う場所を色々と
用意してみたのと同じように、
あなたも見込顧客に出会う場所を
色々と用意しておく必要が
あります。

まずは最初に接触する方法を
たくさん持っておく必要がある
ってことですね。

次に、
出会った恋人候補との
コミュニケーション手段です。

これは見込顧客との
コミュニケーション媒体も
同じですね。

ただし、
恋愛とちょっと違うのは、
必ずしも双方向にならない
場合が多いってところです。

電話なら双方向ですが、
メルマガやブログやFacebookは、
ほとんどの場合一方通行でしょう。

DMやチラシといったものも
恐らく一方向で接触を図ることに
なると思います。

でも、
理解しておいていただきたいのは、
複数の手段を使うってことです。

恋人候補に電話しか使わない
なんてことはないと思います。

ビジネスも見込顧客と
コミュニケーションを取るなら
複数の手段を使うのが定石ですよ。

そしてデートのお誘い。

ビジネスで言うなら、
これがセールスです。

要するに何かしらのオファーを
するわけですね。

告白だって同様に
オファーですね。

だいたい、
こんな感じだと思います。

いかがでしょうか?

分かっておいてもらいたいのは、
恋人になるまでにはプロセスがあって
複数の接触手段を使ってるって
ところです。

あなたがもし、
見込顧客を顧客にするまでの
プロセスがなかったり、
複数の接触手段を使ってなければ
それは問題だってことです。

あなたのビジネスは、
恋人作りをするみたいに
できていますか?

P.S.
恋愛の手練になってくると、
デートに誘う前の時点で
相手がデートに誘われたいと
思わせることができるように
なるでしょう。

何なら、
相手の方からデートを
ほのめかしてくるかもしれません。

そうなるようにするのが、
マーケティングです。

要するに、
顧客からオファーされるように
していくのがマーケティングって
ことですね。

SNSでもご購読できます。