0206メルマガ開封率の平均が知りたい

メルマガ開封率の平均が知りたい

クライアントのところに
新しいメール配信システムが
導入されました。
今まで使っていたものよりも
勝手が良いみたいです。
「こんなことできるんですね!」
って感じで喜ばれていました。
メルマガの配信予約が
簡単にできて楽になったようです。
こうやって
新しいシステムを入れるのは
大変ですけど嬉しいですよね。
これを使えばもっと上手くいく!
ってワクワクするのかもしれません。
でも、
たまに導入にミスがあって
バックアップで復旧したりと
散々な目に会うことも
あるんですけどね。笑
今回はそうならないことを
願っています。

そんな新しいシステムを
早速使ってみたクライアントから
こんな質問がありました。
「開封率ってこんなもんですか?」
メルマガを配信した後、
開封率を計測できるようになって
気になったようです。
この手の質問はよくあります。
メルマガの開封率とか、
顧客転換率とか、
リピート率とか・・・
競合や業界での平均が
気になるんだと思います。
でも・・・
平均なんてないんですよね。笑
なぜなら、
ビジネスによって顧客リストが
異なるからです。
条件が違い過ぎます。
だから業界でひとくくりには
できないんですね。

例えば、
メルマガの開封率ですが
エラーが出たアドレスを
クリーニングしていたら
どうなるでしょうか?
要するに、
エラーで開封されないアドレスを
削除していたらどうなるかです。
当然開封率は上がりますよね?
競合はクリーニングしていて
あなたはしていない。
条件が違うので
比較することは意味がありません。

例えば顧客転換率も
会ったことのある見込顧客と
会ったことのない見込顧客とに
オファーをしたらどうなるでしょう?
一般的には関係性の問題で、
会ったことのある見込顧客の方が
顧客転換率は高くなるはずです。
では、
競合は一度も見込顧客に会わず、
あなたは見込顧客に会っている。
そんな条件だったら
やっぱり比較になりませんよね?

リピート率も同様です。
競合はフォローメールの
シーケンスが組まれている。
翌日にサンキューメール、
1週間後にクーポンを配布、
21日後にオファーメール、
1ヶ月後に再度クーポンメール、
みたいな感じです。
でも、
あなたは何もフォローしない。
これで比較するのは
何の意味もないですよね?

確かに業界の平均は
気になると思います。
正直、僕も参考として
他のビジネスの数字を聞く事が
あります。笑

やっぱり気になります。
ですが、
その数値は何の基準にも
ならないんですね。
何となく安心するとか
そういうおまじない程度です。

実際には、
それで利益が出るのかどうか。
そのことだけが基準です。
競合の分析は大事ですが、
あまり周りを気にせずに
自分のビジネスにおける基準を
見つけるのも大事だと思います。

眞心マーケティングと
眞心イノベーションを
心がけていきましょう。

P.S.
ちなみに
メルマガの開封率を上げるのは
簡単ですよ。
前回開封しなかったアドレスを
削除してしまえば良いんです。笑
そうすれば
次はほぼ100%になります。
こんな感じで、
顧客リストの中身が違えば
簡単に割合は変化してしまうので
参考にはならないんです。
巷の数値に
あまり踊らされないように
してくださいね。

読めます!メルマガ読者限定コンテンツ

無料メルマガ配信にご登録いただければ、メルマガ読者限定コンテンツを閲覧することが可能になります。
無料メルマガでは、小さな会社でも使える儲ける仕組みの作り方についても公開。そのノウハウに再現性がある証拠に僕の会社は様々な事業で話題になり、日本経済新聞やテレビ朝日など108回以上も報道されました。ただ、大事なのはあなたのビジネスが報道されることではなく、話題にされるだけの「差別化」ができることだと思います。
メルマガ「ビジネスの真理」は、僕が社員7人の会社で18億円を売り上げた実績を基に、マーケティング・心理学・自己啓発の書籍や高額なプログラムを大量に分析した結果得られた情報を無料でお伝えしています。
僕の名刺をお持ちであれば、名刺に描かれているマトリックスの解説を知ることができますよ。

無料メルマガの詳しい内容

SNSでもご購読できます。