%e4%be%a1%e6%a0%bc%e8%a8%ad%e5%ae%9a%e3%81%ab%e6%82%a9%e3%82%80%e3%81%93%e3%81%a8%e3%81%af%e3%81%aa%e3%81%84%e3%81%a7%e3%81%99%e3%81%8b%ef%bc%9f

価格設定に悩むことはないですか?

今回の東京は特に有意義でした。

クライアント企業さんも
良い感じで成果が出てきてるようです。

出てる数字が数字なだけに、
笑顔の絶えないミーティングとなりました。笑

しかも、
東京で開催する予定の
PMA集客戦略コーチングプログラムの
日程も決まりましたよ!

さらに成果を出すための
お手伝いができると思うと
ワクワクしますね。

というわけで、
今回も色々と相談に乗ってきたんですが、
どうしたらいいか迷いがちな悩みも
伺ったのでそのうちの1つをシェアします。

その悩みとは…

「価格設定をどうしたらいいのか?」

というものです。

これは悩みますねぇ。

いくらにしたら良いと思いますか?

って聞かれても、
うーんってなるのが正直なところです。笑

なので、
そんな時はこうするのが1番です。

「ベストオファーを試しましょう。」

つまり、
1番イケてると思うオファーを
試してみましょうということですね。

今回の場合は、
オファーの違いが価格しかなかったので
提示できる最低価格でいきましょう
というのが答えでした。

え?

「より良いものをより高く」
がモットーなんじゃないの?
って不満が聞こえてきそうですね。(笑)

それはその通りです。

だから、
この場合はどんどん値上げしていく
っていうのが前提にあります。

要するに
1番最初は1番安くしておいて、
そこからどんどん値上げしていく
ってパターンですね。

そうする理由は3つあります。

1つは見切りがスグできるように。

ベストオファーで攻めたのに、
うまくいかなかったら
諦めがつきますよね?

だって、
それ以上のオファーはないですから。

「もうちょっとこうしたら…」

というのがなくなります。

そうすれば、
うまくいかない施策に見切りをつけて
次に行くことができますよね。

コストを無駄にせずに済みます。

もう1つは顧客に損をさせない為。

例えば、
10万円で手に入れた商品が
次に見た時に5万円になっていたら?

損をした気分になりますよね。

でも、
5万円で手に入れた商品が
次に見た時に7万円になっていたら?

得した気分になりませんか?

8万円になっていたら?

9万円になっていたら?

恐らく、
プレミア感を感じるというか
良い商品を手に入れたんだと
実感することができると思います。

ということは、
顧客との関係性を悪くせずに
むしろ良くすることができるって
ことですね。

もう1つは、
適正なオファーを知る為。

もし、
どんどん値上げをしていくと、
あるところから商品が売れなくなると
思います。

8万円ではよく売れていたのに
10万円では全然売れなくなった。

みたいな現象が発生すると
思うんですね。

すると、
8万円から10万円の間に
適正価格があることになりますよね。

だから、
10万円で売れなければ、
8万円に戻せば良いだけです。

それで、
顧客が最も満足してくれる価格帯が
分かることになります。

いかがですか?

迷ったらベストオファーですよ。

ぜひ試してみてくださいね。

人事を尽くしてノーテンションで
いきましょう。

P.S.
ベストオファーとして
最低価格を提示する時には、
実はちょっとしたコツもポイントです。

詳細はコーチンググループの
参加者にだけコッソリ教えますね。

PMA集客戦略コーチングプログラムも
次からどんどん値上げしていこうと
思います。笑

読めます!メルマガ読者限定コンテンツ

無料メルマガ配信にご登録いただければ、メルマガ読者限定コンテンツを閲覧することが可能になります。
無料メルマガでは、小さな会社でも使える儲ける仕組みの作り方についても公開。そのノウハウに再現性がある証拠に僕の会社は様々な事業で話題になり、日本経済新聞やテレビ朝日など108回以上も報道されました。ただ、大事なのはあなたのビジネスが報道されることではなく、話題にされるだけの「差別化」ができることだと思います。
メルマガ「ビジネスの真理」は、僕が社員7人の会社で18億円を売り上げた実績を基に、マーケティング・心理学・自己啓発の書籍や高額なプログラムを大量に分析した結果得られた情報を無料でお伝えしています。
僕の名刺をお持ちであれば、名刺に描かれているマトリックスの解説を知ることができますよ。

無料メルマガの詳しい内容

SNSでもご購読できます。