%e5%85%88%e8%a1%8c%e8%80%85%e5%88%a9%e7%9b%8a%e3%82%92%e5%be%97%e3%82%8b%e6%b5%81%e8%a1%8c%e3%82%92%e7%94%9f%e3%82%80%e6%96%b9%e6%b3%95

先行者利益を得る流行を生む方法

昨日は東京で笑福亭鶴二師匠の
落語を聴いてきましたよ。

30周年記念の独演会だったんですが
やっぱり良かったです。

僕は感情移入しすぎるので
テレビドラマとかは
見ないようにしてるんですね。

なぜなら、
ドラマってどうしても
ネガティブな演出が多いからです。

ネガティブ×人情

これがドラマの要素と言っても
良いかもしれません。

僕は感情移入しすぎるので、
そのネガティブにやられるので
見ないようにしてるんですね。

でも落語の基本は違います。

笑い×人情

これが落語の要素じゃないかと
思うんですね。

どちらもコントラストを利用して
感情が揺さぶられるわけです。

だけど、
僕は落語の方が好きですね。

わははって笑ってたところで
ほろりとさせられる。

聴いた後に
あたたかい気持ちになれるのが
良いと思います。

もし落語を生で聴いたことがないなら
ぜひ生で聴いていただきいたいですね。

そんな落語なんですが、
古典落語と新作落語という
分類があるそうですよ。

古典落語はそのままで、
江戸時代から明治・大正にかけて
作られたものを指すそうです。

対して新作落語は、
現代の話をモチーフにしています。

どちらの噺(はなし)も流行を
上手に取り入れてるなぁと
関心させられます。

実際、
落語を意味する「噺」という字は
口に新しいと書いて噺ですしね。

要するに、
その時の珍しいとか目新しい話を
面白おかしく伝えてるのも
落語の魅力なんだと思います。

じゃあ、
どうやってその流行を見極めるのか。

その方法を知りたくはないですか?

流行を取り入れると、
面白くなるので注目を集められます。

ここはマーケティングにも
通じてきますよね。

うまく流行を捉えていたら
顧客の方から勝手にやってきてくれる
ってことですからね。

めちゃくちゃ集客できるように
なるってことでもあります。

では、
その方法をお伝えしますね。

これはむしろ、
流行自体を「生む」秘訣
とも言えるかもしれません。

僕が108回以上メディア報道された
ノウハウとは違いますが、
確実に出版業界では使われてる
方法です。

その方法とは…

本屋で平積みされている本の問題を探せ

です。

本屋で平積みされている本を
真似るんじゃダメですよ?

もちろん流行に「乗る」のなら
それでも構いません。

炭水化物抜きダイエットが
流行っていれば
炭水化物抜きに関連することを
やれば良いだけです。

でもそれは流行に「乗る」だけです。

それだと、
第一人者にはなれませんし
先行者利益もあまり確保できない
でしょうね。

だから平積みされている本の
「問題」を探してみてください。

平積みってことは
流行ってるってことですよね?

でも、
流行ってるものが永遠に流行る
なんてことはあり得ません。

いずれ陳腐化してしまいます。

というより、
陳腐化させられてしまうんですね。

どうやって?

今、話してる方法によってです。

要するに、
炭水化物抜きダイエットが流行れば、
今度は炭水化物抜きダイエットによる
「問題」を指摘する論調を仕掛ける
ってことです。

例えば、
ガンのエネルギー源は
アミノ酸だという研究結果が
出ています。

つまり、
炭水化物などを抜いて
アミノ酸の元であるタンパク質ばかりを
摂取してたらどうなるか?

みたいな感じですね。

他にも、
炭水化物を抜くことで
甘いモノが食べたくなる原因を
作ってる、とかですね。

女性が甘いモノを食べたくなるのは、
食事の時に炭水化物を減らす
というのも原因だそうですよ。

だって、
空腹かどうかを決めているのは
血糖値ですからね?

炭水化物を抜けば、
必然的に血糖値が上がらないので
お腹が満たされないって話です。

炭水化物を抜くから、
お菓子やスイーツを食べてしまう。

やめたいのにやめられない。

罪悪感でストレスも増える。

結果として太る。

リバウンドする。

つまり、
太る原因を作っているのは
ダイエットとしてやっている
炭水化物抜き自体に
問題があるってことですね。

なので、
炭水化物抜きダイエットの
次にトレンドを仕掛けるなら…

炭水化物を食べてダイエット

とか

糖質選択ダイエット

みたいな感じでしょうか。

炭水化物抜きの問題を見つけて
流行を「生む」ってことですね。

そうやって、
第一人者になったり
先行者利益を得るってことですよ。

ただし、
顧客は創造するだけじゃなく
「維持」も考えておかないと
ダメですよね?

流行だけに頼ると二度と浮上が
できなくなってしまいますので
注意してください。

「問題」を指摘された第一人者は
どうなると思いますか?

信用を失うとは思いませんか?

その第一人者が
別の流行を仕掛けたとしても、
その噺を聴いて貰えるかというと…

ご利用は計画的に。笑

人事を尽くしてノーテンションで
いきましょう。

P.S.
もしあなたが
「本質」を追求した上で
流行を生むことができたなら、
それは流行ではなく定番となって
いずれ常識になるでしょうね。

願わくば、
そんな良質な流行を生み出して
いただきたいと思いますよ。

読めます!メルマガ読者限定コンテンツ

無料メルマガ配信にご登録いただければ、メルマガ読者限定コンテンツを閲覧することが可能になります。
無料メルマガでは、小さな会社でも使える儲ける仕組みの作り方についても公開。そのノウハウに再現性がある証拠に僕の会社は様々な事業で話題になり、日本経済新聞やテレビ朝日など108回以上も報道されました。ただ、大事なのはあなたのビジネスが報道されることではなく、話題にされるだけの「差別化」ができることだと思います。
メルマガ「ビジネスの真理」は、僕が社員7人の会社で18億円を売り上げた実績を基に、マーケティング・心理学・自己啓発の書籍や高額なプログラムを大量に分析した結果得られた情報を無料でお伝えしています。
僕の名刺をお持ちであれば、名刺に描かれているマトリックスの解説を知ることができますよ。

無料メルマガの詳しい内容

SNSでもご購読できます。