%e5%88%a9%e7%9b%8a%e3%82%92%e5%a4%a7%e3%81%8d%e3%81%8f%e3%81%99%e3%82%8b%e5%9f%ba%e6%9c%ac%e6%88%a6%e7%95%a5%e3%82%92%e7%9f%a5%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%81%84%e3%82%8b%e3%81%8b

利益を大きくする基本戦略を知っているか

「コレ安いし失敗してもいいや」
と思って何かを買うことって
ないですか?
最近はマーケティングに詳しくなったので
あまりそういうことはありません。
でも、昔は僕も結構買いましたよ?
で、
「失敗したー」って思うことがよくありました。笑

実は、この心理を応用した戦略が結構使えるんですね。
どういうことでしょう?
これは、フロントエンドとバックエンドを
用意している必要があります。
フロントエンドは、顧客と最初に取引する商品ですね。
バックエンドは、顧客と2回目以降に取引する商品のことです。
この、フロントエンドとバックエンドを
戦略的に市場に供給することで利益が大きくなります。

なぜなら、基本的にフロントエンドは
僕の例と同じように「失敗した」と思う人が多いんです。
前にもお話したと思いますが、その理由は商品の価値が
期待値を下回ったからですね。
つまり、価格ほど良い思いをしてないって原因がほとんどです。
ということは…
あなたは、競合と似たものをより安く
提供できれば良いわけですね。
そうすれば、顧客の創造が簡単にできます。
顧客の失敗したくないって欲求を
満たすことがポイントになるってことですよ。
なのでフロントエンドは価格で売る要素が大きくなるわけですね。
だから、「良いものをより安く」がキーワードになります。

次にバックエンドです。
顧客とバックエンドを取引するということは、
顧客はフロントエンドに満足したってことになりますよね?
もしそうじゃなければ、
バックエンドを取引しようって思わないと思います。
一度でも美味しくないと思ったラーメン屋に
リピートなんてしないですよね?
ということは、バックエンドに関しては
顧客はお金を払う意志があるってことになりますよね。
良い思いをしたから、再度取引をしてくれるって
ことじゃないでしょうか。
つまりバックエンドで顧客に価値を感じてもらって
お金を多く払ってもらえたら、
利益がたくさん出るってことになります。
ずーっとリピートしてくれたら有り難いですよね?
なので、バックエンドに関しては、
「より良いものをより高く」がキーワードになるんですね。
バックエンドは、
ベネフィットによって売るのが基本になるってことですよ。
フロントエンドのように
価格を安くすることで売るわけではないんですね。

だから結論はこうです。
フロントエンドは、「良いものをより安く」
バックエンドは、「より良いものをより高く」
これがあなたの取るべき戦略ですよ。

人事を尽くしてノーテンションでいきましょう。

P.S.
フロントエンドは、「より良い」ではなく「良い」で十分です。
まずは顧客を創造することが大切です。
つまり、「取引しやすい価格」で顧客の必要最低限が満たせれば
十分ってことなんですね。
家電なんかでエントリーモデルって
言われてたりするじゃないですか?
それに満足して始めて、
顧客はミドルクラスのモデルや
ハイエンドのモデルに手を出すわけです。
要するに、「より良い」を追求するのは
バックエンドだってことですよ。

ちなみに、「普通」ではダメですからね。
競合と同じってことになります。
悪い・普通・良い・より良いなら、
「良い」を目指しましょうってことですね。

読めます!メルマガ読者限定コンテンツ

無料メルマガ配信にご登録いただければ、メルマガ読者限定コンテンツを閲覧することが可能になります。
無料メルマガでは、小さな会社でも使える儲ける仕組みの作り方についても公開。そのノウハウに再現性がある証拠に僕の会社は様々な事業で話題になり、日本経済新聞やテレビ朝日など108回以上も報道されました。ただ、大事なのはあなたのビジネスが報道されることではなく、話題にされるだけの「差別化」ができることだと思います。
メルマガ「ビジネスの真理」は、僕が社員7人の会社で18億円を売り上げた実績を基に、マーケティング・心理学・自己啓発の書籍や高額なプログラムを大量に分析した結果得られた情報を無料でお伝えしています。
僕の名刺をお持ちであれば、名刺に描かれているマトリックスの解説を知ることができますよ。

無料メルマガの詳しい内容

SNSでもご購読できます。