売れる広告デザインはパクれ!

売れる広告デザインはパクれ!

ゼロから3億円までの集客戦略家の
ムラモトヒロキです。

「女性を使った方が良いと思います」

何度も何度も、
何度も何度も何度も…
そう言ってるのに使ってはくれない。

何の話をしてるかというと、
広告デザインの話です。

僕は、
ソーシャルゲームの世界で
活動していたこともあります。

モバゲーとかグリーとか、
AppStoreとかGooglePlayとか、
そういう類の市場ですね。

あの業界は、
めちゃくちゃLTVやCPAの管理が
進んでいました。

LTVは顧客生涯価値、
CPAは顧客獲得単価です。

僕がお付き合いさせて
いただいていた会社さんは、
C社やD社でTOP3の売上を
誇っていました。

そんな会社さんの数値管理も
目の当たりにしてましたね。

日次レベルどころじゃなく、
時間レベルでやってるので、
こーやって管理してるのかぁと、
とても納得しました。

そんなゲーム業界は、
広告に費やす費用も莫大です。

大手広告代理店の1社からは、
D社さんの広告費が億単位で
ダブついてるんですよー、
みたいな話を聞かされました。

そんな競合とは、
戦いたくないですね。笑

顧客獲得にいくらでも
お金をつぎ込むことができる相手は
最強ですからね。

ただ、
そんな市場において、
僕も黙ってはいませんでしたよ。

僕達のゲームは課金要素が
低い状況だったので、
とにかくCPAを下げないと
いけませんでした。

大手は無料登録ユーザー獲得に
1500円とか2000円とかを
かけてきてました。

代理店もユーザー獲得に
安くても500円ぐらいは
かかりますとか言ってました。

だから僕は、
今までに培った広告ノウハウと
コピーライティングの
技術を駆使して挑戦したんですね。

そしたら…

見事に一番良いのでCPA100円台!

200円台や300円台といった
広告バナーを用意することに
成功しましたよ。

これには、
広告代理店の担当者も
「ウチが担当してきた中で
至上2番目のCPAですよ!」
って驚いてましたね。

ここまでは、
僕の話を聞いてもらうための
証拠の提示ですが、
ちょっと自慢も入ってます。笑

というわけで、
冒頭の話に戻ります。

とにかく、
広告バナーをデザインするなら、
女性を使ってください。

競合も使ってるから目立たないとか、
そういうの要らないですから。笑

もし、
競合が使ってて目立たないなら、
キャンギャルの仕事なんて、
とっくの昔になくなってます。

イメージキャラクターに
女性を起用するのもなくなってます。

雑誌の表紙のグラビアも
なくなっているでしょう。

要するに、
広告デザインとして女性を使うのは
外してはいけない要素なんですね。

なぜなら効果が出るからです。

ちなみに僕が用意した、
ゲーム広告至上2番目に良い
CPAを叩き出した広告バナーも
「女性」の要素がありましたよ。

FB広告なんかもよく見ると
いいと思います。

めちゃくちゃ、
女性を使った広告があるはずです。

それはたとえ
競合のマネになったとしても、
関係なく効果が出るからです。

コピーライティングの世界には、
スワイプファイルというものが
あります。

効果のあった広告文を
パクって使うのが定石なんですね。

デザインの世界はもっと顕著です。

というか、
デザインはパクってこそ
デザインと言うのであって、
そうじゃなければアートです。

簡単に言えば、
効果の実証されてるものを
反映して何かを作るのが、
デザインという分野なんですね。

だからデザインである以上、
効果があるものは、
上手にパクるのが必須です。

失礼。

パクるというのは言葉が
あまり良くないですね。

ちゃんと「お手本」に
してくださいね。

あなたが集客で
広告バナーを作るなら、
「まずは」女性を使って
作ってみてくださいね。

間違っても、
「新しいものを作ろう」
なんてしちゃダメですよ?

多少は目につくことはあっても
結局は王道の効果には、
負けてしまいますから。

効果のあるものは、
上手にパクってください。

あ、お手本にしてください。

P.S.
最近フェイスブック広告を
研究しています。

CTRの世界平均は、
2015年Q3で0.96%だった
そうですよ。

CTRはクリック率です。

100回広告が表示されて
1回クリックされたら1%です。

僕が直接やってみたのが、
3.72%~5.69%でした。

悪くなさそうな数字ですよね?

ちなみに、
一番CTRが低い広告バナーには、
女性は入ってませんでした。

それ以外の広告バナーには…

女性の画像が入ってました。

女性を使いましょうね。笑

SNSでもご購読できます。