%e5%ba%83%e5%91%8a%e3%82%92%e7%99%ba%e6%b3%a8%e3%81%97%e3%81%a6%e3%81%af%e3%81%84%e3%81%91%e3%81%aa%e3%81%84%e4%bc%9a%e7%a4%be

広告を発注してはいけない会社

先日、
マーケティングの資料を読んでいた時に
面白い表現がありました。

多くの人達は、
「広告物を良くする」ために
コストをかけている。

そんな内容です。

どういう意味か分かりますか?

例えばHPがあるとしますよね。

すると、
多くの人がHPをキレイにしようと
努力してるってことです。

HPのビジュアルを良くすることに
お金をかけるって言えば
分かりやすいでしょうか?

チラシとか看板も同じですね。

チラシの見栄えをキレイにしようと
努力するんですね。

看板がぽい感じに見えるように
注意を払います。

それの何がいけないの?

って思うかもしれません。

別に良くしようとすること自体が
悪いわけじゃないですよ。

でも大事なのは、
広告物を良くすることじゃなく
「広告の成果を良くする」ことじゃ
ないですか?

例えば、
手書きのチラシって
見栄えは良くなかったりすると
思います。

でも、
パソコンでキレイに作ったチラシと
手書きで見栄えの悪いチラシで
成果を比べてみたらどうでしょう?

もしかしたら、
手書きの方が成果が出るかも
しれないんですね。

これは結構よくある事例です。

それなのに、
チラシとしてのビジュアルを
良くしようとしたらどうなるか?

当然、
成果は落ちてしまいますよね?

だけど、
多くの人達がそこに意識をしてません。

つまり、
「広告の成果を良くする」ことに
対してですね。

その証拠に、
広告がどれだけの成果を出しているか
計測している人がほとんどいません。

どれだけの閲覧数や配布数があって、
どれだけの転換率や反応率があったのか。

結果としてどれだけ成約されたのか。

その費用はいくらだったのか。

儲けはいくらになるのか。

それを記録してる人がいないんですね。

それに、
毎回広告を出す度に、
少しずつ改善をしてテストする
なんてことをしていません。

何となく変えた方が良いと思う。

ずっと同じじゃダメな気がする。

競合が変えたからうちも変える。

そういう、
あやふやな理由で広告を変えてしまいます。

それを改善なんて言ってるんですね。

なぜなら、
広告物を良くすることだけに
フォーカスしてるからです。

僕達は、
そんなやり方をしてたらダメですよ。

数字と心理学を使って、
科学的な根拠に基づいて
再現性のある広告を出した方が
良くないですか?

1回上手くいってラッキーで
終わらせない方が良いと思います。

大事なのは、
広告の成果を良くすることですよ。

その為には
基準となる数字が必要ですよね。

成果を測定することができていないなら
スグにでも始めた方が良いと
思いませんか?

人事を尽くしてノーテンションで
いきましょう。

P.S.
世の中の広告制作会社のほとんどが
「広告物を良くする」ことだけに
フォーカスしています。

そういうところは、
サンプルとしてビジュアルばかりを
提示しているはずです。

本当に広告を理解しているところは、
成果を提示してくると思います。

転換率や反応率が何%だったとか。

成約数が何件あったとか。

顧客獲得単価がいくらだったとか。

ですね。

そういう話ができない会社に
広告を発注しない方が良いですよ。

読めます!メルマガ読者限定コンテンツ

無料メルマガ配信にご登録いただければ、メルマガ読者限定コンテンツを閲覧することが可能になります。
無料メルマガでは、小さな会社でも使える儲ける仕組みの作り方についても公開。そのノウハウに再現性がある証拠に僕の会社は様々な事業で話題になり、日本経済新聞やテレビ朝日など108回以上も報道されました。ただ、大事なのはあなたのビジネスが報道されることではなく、話題にされるだけの「差別化」ができることだと思います。
メルマガ「ビジネスの真理」は、僕が社員7人の会社で18億円を売り上げた実績を基に、マーケティング・心理学・自己啓発の書籍や高額なプログラムを大量に分析した結果得られた情報を無料でお伝えしています。
僕の名刺をお持ちであれば、名刺に描かれているマトリックスの解説を知ることができますよ。

無料メルマガの詳しい内容

SNSでもご購読できます。