新しいことを始めても無駄ですよ

新しいことを始めても無駄ですよ

あなたはビジネスをしていて、
「どうしてこんなに頑張ってるのに」
と思ったことはありませんか?

頑張ってるのに成果が出ないと
イライラしたり焦ったりしてる
ってことはありませんか?

今やってることが
間違っているんじゃないかと、
また別のことを始めようと
してたりしませんか?

実はそれ、
どんなに新しいことを始めても
意味がない可能性が高いです。

なぜなら、
「何をやるか」の問題ではなく
「どこをやるか」の問題を
解決していないからです。

どういうことかと言うと、
プロセスの問題が解決しないと
意味が無いってことです。

要するに、
プロセスの「どこをやるか」が
問題なのであって、
「何をやるか」は大した問題じゃ
ないってことなんですね。

この話、
チンプンカンプンですよね?笑

分かりやすく説明してみましょう。

例えば、
あなたはカフェをやっていたと
しましょうか。

小さなカフェでカウンター席が
5席だけあるような
お店だったとします。

そのお店で儲けがなかなかでない。

だから、
ブログを始めてみるとか、
店頭で呼び込みをかけるとか、
割引クーポンを出すとか、
色々やってみるわけです。

つまり、
「何をやるか」の部分で
四苦八苦するんですね。

一生懸命やります。

でも、
なかなか儲けがでない。

なぜだと思いますか?

じゃあ、
これをプロセスで考えてみます。

1.お客さんを呼びこむ
2.お客さんが席につく
3.お客さんから注文をとる
4.お客さんにお茶を出す
5.お客さんからお金をもらう

これが単純なプロセスです。

ブログにしろ
店頭での呼び込みにしろ、
割引クーポンを出すにしろ
それは1のプロセスですよね?

でも、
本当に問題があるのは…

2のプロセスである
お客さんが席につくって
ところじゃないですか?

だって、
たった5席しかないんですよ?

ということは、
どんなにブログを頑張ろうが
店頭で呼び込みをしようが、
割引クーポンを採用しようが、
最大収容人数の5人以上に
儲けることはできませんよね?

どんなに美味しい
メニューを考えようが、
割引をしようが意味がありません。

問題は2のプロセスのところの
席数の上限なので
成果はそれ以上でないってことです。

だから、
席数の問題を解決しない限り
あなたがどんなに頑張っても
儲かるなんてことはありません。

要するに、
頑張ってるのに儲からないと
嘆いてる起業家や経営者は
これと同じことをしてる
ってことですね。

今回の例はすごくシンプルで
ぱっと見で2のプロセスに
問題があることが分かります。

でも、
本来のあなたのビジネスで、
プロセスの「どこをやるか」に
焦点を当てていますか?

あなたがもし一生懸命してるのに
成果が上がらないのだとしたら、
「どこをやるか」の問題が
解決していないからじゃないですか?

まずはプロセスを洗い出して
みてください。

新しいことを始めるのは
それからです。

きっとヒントが見つかると
思いますよ。

人事を尽くして
ノーテンションでいきましょう。

P.S.
最近分かったことなんですが、
意外とプロセスで考える人って
少ないんですよね。

もっと全体の「流れ」を
見るようにすると良いと思います。

ぜひ、
試してみてくださいね。

読めます!メルマガ読者限定コンテンツ

無料メルマガ配信にご登録いただければ、メルマガ読者限定コンテンツを閲覧することが可能になります。
無料メルマガでは、小さな会社でも使える儲ける仕組みの作り方についても公開。そのノウハウに再現性がある証拠に僕の会社は様々な事業で話題になり、日本経済新聞やテレビ朝日など108回以上も報道されました。ただ、大事なのはあなたのビジネスが報道されることではなく、話題にされるだけの「差別化」ができることだと思います。
メルマガ「ビジネスの真理」は、僕が社員7人の会社で18億円を売り上げた実績を基に、マーケティング・心理学・自己啓発の書籍や高額なプログラムを大量に分析した結果得られた情報を無料でお伝えしています。
僕の名刺をお持ちであれば、名刺に描かれているマトリックスの解説を知ることができますよ。

無料メルマガの詳しい内容

SNSでもご購読できます。