煽りすぎるとリピーターが減る

煽りすぎるとリピーターが減る

僕は大阪の出身です。

だから少し笑いにはうるさい。

ボケがあれば
ツッコミを入れずには
いられないですし、
1回ウケたら3回は繰り返す
天丼は当たり前のように
行います。

当然、
相手の話の切り出し方にも
細かく反応するわけで、
「めっちゃ面白い話がある」
なんて切り出し方をされたら
心の中で「ハードル上げるねー」
と思ってます。

めっちゃ面白い話がある
って言われたら
オチは確実に笑いが取れないと
ダメです。

しかも普通に面白いレベルでは
笑いは取れません。

めっちゃ期待をさせたのだから
それに見合ったオチじゃないと
笑えないってことですね。笑

あなたが笑いに疎いなら
食事とかならわかると思います。

「めっちゃ美味しい店がある」
って言って案内されたら、
それは普通に美味しい店じゃ
ダメですよね?

あなたが食べたことがないぐらい
美味しい店じゃないと
感動しないと思います。

同じように、
あなたのビジネスも考えて
くださいね。

先日、
コスト≦期待値→行動
の式をお伝えしたと思います。

ここで期待値を上げすぎると
問題が起きるということです。

顧客が行動したということは
コストよりも期待値が
高かったということですよね。

だから購入はしてくれてる
状態です。

でも次は
「期待値」と「ベネフィット」
つまり「得」とか「利益」が
比較されます。

顧客が得られた得が
購入する段階の期待値と見合うか
比べられるんですね。

具体的に考えてみましょうか。

あなたが
からあげ好きだったとしましょう。

「全国1位!黄金のからあげ」

こんな商品があったら、
さぞかしおいしそうと
思うんじゃないでしょうか。

だから、
少々高くてもあなたは
購入すると思います。

そして、
食べた結果が普通だったら?

あなたはがっかりするんじゃ
ないでしょうか?

この現象はどうして起きたんだと
思いますか?

つまりはこういうことです。

期待値>得→不満

期待値を得が下回ると
顧客は不満を感じるという
ことですね。

そして、
この不満というのが
顧客が感じる「価値」になります。

逆に言えばこうなります。

期待値<得→感動

顧客が期待していたよりも
得や利益が得られたら
顧客は感動してくれるんですね。

だから、
顧客にとって「価値」があった
と言えるでしょうね。

期待値=得→満足

こんな式も考えられます。

顧客が期待していたのと
同程度の得や利益が得られたら
顧客は満足してくれるって
ことになります。

この場合も「価値」があった
と顧客は判断するでしょう。

ということは、
あなたがリピーターを
獲得したいと思うのなら
以下のようにする必要が
あるってことですよね?

期待値≦得

期待値と得が同程度か
それ以上になるように
商品や付加的な要素を提供する
必要があるんですね。

だから、
「煽り」は禁物ですよ。

期待値を上げすぎてしまうと
顧客は不満を感じてしまうからです。

コストと得が見合うかどうかじゃ
ないってことです。

期待値と得が見合うかどうかを
顧客は見てるってことを
忘れないようにしてくださいね。

あなたは、
期待値を上げすぎてたり
しませんか?

P.S.
コスト≦得<期待値→納得

こんな式もあり得ると思います。

期待値に対して得が低いと
不満ではあります。

でも納得はするんですね。

「まぁ、こんなもんか」

これぐらいの価値でしょうか。

ただ次はないでしょうね。

要するに顧客の
ベネフィットである得や利益を
十分に上げた状態で
期待値を上げるとリピーターが
獲得できるってことですよ。

コスト≦期待値≦得

これがあなたの実現すべき
価値の式になりますね。

ぜひ指針にしてみてください。

小さな会社でも使える35万人集客した秘密を知りたい人は他にいませんか?

無料メルマガでは、小さな会社でも使える儲ける仕組みの作り方について公開。そのノウハウに再現性がある証拠に僕の会社は様々な事業で話題になり、日本経済新聞やテレビ朝日など108回以上も報道されました。ただ、大事なのはあなたのビジネスが報道されることではなく、話題にされるだけの「差別化」ができることだと思います。
メルマガ「ビジネスの真理」は、僕がニッチ市場で18億円を売り上げた実績を基にマーケティング・心理学・自己啓発の書籍や高額なプログラムを大量に分析した結果得られた情報を無料でお伝えしています。
僕の名刺をお持ちであれば、名刺に描かれているマトリックスの解説を知ることができますよ。
無料メルマガに配信登録いただければ、メルマガ読者限定コンテンツを閲覧することが可能になります。

無料メルマガ配信登録へ

SNSでもご購読できます。