確実に売上を増やす!

確実に売上を増やす!

昨日は、
パースエイジョンマーケティングの
VIP勉強会を開催しました。

僕が仕入れた最新の情報の
アウトプットもしている
場ではあるのですが、
結局は本質に立ち戻る必要が
あることにも気付かされました。

商品を買ってもらえるように
するにはどうすれば良いのか?

売上を今より増やすには
どうしたら良いのか?

しかもより確実な方法で
行うには?

その方法を知る必要が
あるのではないかと
思いました。

知りたくはないですか?

僕が用意した14番目のスライドで
螺旋階段の写真が掲載されている
ものがあると思います。
(見たことがなくてもOKです。)

その写真の下に
実は意味深な一文が書かれて
いるんですね。

「顧客は次のバックエンドの
見込顧客でもある。」

顧客というのは、
すでにあなたの商品を
購入したことがある顧客の
ことです。

バックエンドは、
最初に購入した商品の後に
用意してある商品です。

そして重要なのは、
「バックエンドの見込顧客」
ここですね。

見込ということは
買ってくれるかもしれない
顧客ってことですよね。

だから、
買う確率を上げる為に
あなたは何かしら
「コントロールできる」
ことをした方が良いと
思いませんか?

こういうことを言うと
スグにセールスという声が
出てきそうですね。

確かにそれは
間違いではありません。

顧客が購入してスグに
再度別の商品のオファーを
行うのは定石です。

というか絶対するべきです。

ただ、
それでも購入しなかった
顧客を「放置」しているのが
問題なんですよ。

どういう事かと言うと、
フロントエンドの為に
ブログやメルマガなどは
せっせとしている割に、
バックエンドの為に
何かをしている人が
少ないってことですね。

つまり言い方を変えると、
リードナーチャリングを
フロントエンドのリードに
している人は多いですが、
バックエンドのリードに
している人が少ないって
ことです。

???

ってなりましたか?

たぶん、
ナーチャリングって言葉に
あまり覚えがないんじゃ
ないでしょうか?

ナーチャリングとは
「養育」です。

顧客教育なんて言葉を
使っているコンサルも
いると思いますが、
大事なのは「養う」ことです。

ナーチャリングの
コンセプトを話すのは
長くなるのでこの辺にして
おきます。

要はバックエンドの為の
「養育」を意図して行えば
良いってことですね。

あなたは、
すでに顧客になった人達に
バックエンドが欲しくなるような
「仕掛け」をしていますか?

バックエンドに関する知識や
情報を顧客に与えるために
「コスト」を使っていますか?

もし養育をしていないなら、
今スグにでも始めた方が
良いでしょうね。

それが、
あなたのビジネスの売上を
劇的に上げる手段になるのは
間違いないですから。

P.S.
顧客になったのに
時間が経って非顧客になった
人達にもナーチャリングを
試してみてください。

新規にフロントエンドを
販売するよりも
過去に顧客だった人達に
バックエンドを販売する方が
きっと楽ですよ。

P.P.S.
ビジネスの真理、
「顧客ライフサイクル2」という
件名のメールからの引用です。

いずれの場合も意識すべきは
顧客に与える変化です。

顧客があなたのビジネスと
関わりを持つことが
自分達の未来に対して
どんな変化をもたらすのか。

そこにはどんな得があるのか
という可能性を
常に提供し続ける必要があります。

それまでの見込顧客が敢えて
「顧客」となっている点、
「常に提供し続ける」という点
がポイントですよ。

無料メルマガ「ビジネスの真理」

小さな会社でも使える儲ける仕組みの作り方に興味はありませんか?そのノウハウに再現性がある証拠に僕の会社は様々な事業で話題になり、日本経済新聞やテレビ朝日など108回以上も報道されました。ただ、大事なのはあなたのビジネスが報道されることではなく、話題にされるだけの「差別化」ができることだと思います。
メルマガ「ビジネスの真理」は、僕が社員7人の会社で18億円を売り上げた実績を基に、マーケティング・心理学・自己啓発の書籍や高額なプログラムを大量に分析した結果得られた情報を無料でお伝えしています。
合わせてメルマガ読者限定公開のブログコンテンツなどもご覧いただけますので、興味があればぜひ詳しい内容をご覧ください。
僕の名刺をお持ちであれば、名刺に描かれているマトリックスの解説を知ることができますよ。

無料メルマガの詳しい内容

SNSでもご購読できます。