集客がうまくいかない思いこみ

集客がうまくいかない思いこみ

先日、
新しい事業の相談を受けました。

こういうことをしようと
考えてますって言われたので、
理想の顧客像を伺いました。

「ペルソナって決まってますか?」

って聞いたんですね。

すると、

「この類の人達だと『思います。』」

との回答が。

相談内容を明かせないので
よくわからないかもしれません。

でも、
大事なのは相談内容じゃなくて、
「思います」ってところです。

これ昔から
従業員にもよく言ってました。

「思います」は、
どーでもいいよと。笑

事実を教えて欲しいって
言ってました。

なぜなら、
「思います」ってのは
キケンだからです。

特に「ペルソナ」とか「アバター」
って言われる理想の顧客を
設定する時は絶対ダメですよ?

フタを開けたら
全然集客がうまくいかない
ってパターンは、
この「思います」っていう
曖昧さが原因だったりします。

要するにあなたが想像で、

欲しいって言ってくれると
「思います」って顧客とか、

お店に来てくれると
「思います」って顧客や、

喜んでくれると
「思います」なんて顧客は

存在してないかもしれないって
ことです。

存在してない顧客を想定して
事業を立ち上げたとしたら?

それってキケンじゃないですか?

集客ができなくて
当然ですよね。

だから僕は常に、
顧客が存在するのかどうかを
確認するように伝えます。

思いますじゃなくて
欲しいって言ってる顧客が
居るってことですか?とか、

お店に行きますよって言ってる
顧客が居るんですか?とか、

絶対に買いますって言った
顧客が居るんですね?って
感じです。

それでも、
実際にフタを開けてみたら
あれだけ言ってた顧客が
あなたのもとには来なかった
なんてことは
全然あり得ますからね。

ビジネスの基本は、
「需要」と「供給」ですよね?

だから、
「需要」が確かにあると
確認できてないのは、
問題があるってことです。

「思います」じゃなくて、
ペルソナと同じ顧客層が
確かに居るっていうところを
見つけてくださいね。

P.S.
あなたが
余程の天才じゃない限り、
あなたのアイデアに似たものが
世の中には必ず存在しています。

そういった似たアイデアが
ビジネスとしてやられていて
流行ってるならラッキーです。

あなたのアイデアが
そのビジネスの問題点を
解決できているなら
新しい事業はうまくいく確率が
高いってことですよ。

読めます!メルマガ読者限定コンテンツ

無料メルマガ配信にご登録いただければ、メルマガ読者限定コンテンツを閲覧することが可能になります。
無料メルマガでは、小さな会社でも使える儲ける仕組みの作り方についても公開。そのノウハウに再現性がある証拠に僕の会社は様々な事業で話題になり、日本経済新聞やテレビ朝日など108回以上も報道されました。ただ、大事なのはあなたのビジネスが報道されることではなく、話題にされるだけの「差別化」ができることだと思います。
メルマガ「ビジネスの真理」は、僕が社員7人の会社で18億円を売り上げた実績を基に、マーケティング・心理学・自己啓発の書籍や高額なプログラムを大量に分析した結果得られた情報を無料でお伝えしています。
僕の名刺をお持ちであれば、名刺に描かれているマトリックスの解説を知ることができますよ。

無料メルマガの詳しい内容

SNSでもご購読できます。