0225Facebook広告の費用はいくらが適正か?

Facebook広告の費用はいくらが適正か?

昨日は東京のコーチンググループでミーティングを行ってきました。
そこで、僕が伝えた集客「戦術」をさっそく使ってくれたメンバーから質問がありました。
「Facebook広告の費用ってどれくらいですか?」って内容です。
要するに、顧客を1件獲得するのにどれくらいの費用が必要になるかって話だったんですね。
ちなみにその時は、「2500円ぐらい使ったんですが…」と言われました。
うん。
少ないですね。笑

少ないと言いつつも、Facebook広告の費用がどれくらい必要になるかっていうのは一概には言えません。
なぜなら、まず広告を表示させる相手によって1クリックあたりの料金が変わってきます。
僕たちが普段使うFacebook広告はCPMという料金設定となってます。
CPMというのは、Cost per Milleの略です。
つまり、広告が1000回表示されていくらという料金設定なんですね。
だから、広告はクリックされればされるほど1クリックあたりの料金がお得です。
1000回表示されて10クリックなら1クリックあたり100円です。
1000回表示されて20クリックなら1クリックあたり50円です。
1000回表示されて50クリックなら1クリックあたり20円です。
ほら。
クリックされるほど、お得になりますよね?

ということは、クリックしてくれやすい人達に表示したら1クリックあたりの料金が下がることになります。
当たり前なんですが。笑
例えば、メルマガ読者の人達に表示するのとメルマガ読者に類似する人達に
表示するのとではクリックされる回数が違うってことです。
メルマガ読者の人達はあなたのことを知ってるのでクリックしてくれる可能性が高くなります。
知っている人の広告なのでクリックに抵抗がないんですね。
逆にメルマガ読者の類似の人達はあなたのことを知らないのでクリックしてくれる可能性が低くなります。

結局のところ、顧客になってくれるかどうかの前にまずは広告をクリックしてくれないと話は始まりませんよね?
だから、誰に表示するのかというのはめちゃくちゃ重要なんですよ。
クリックしてくれるかどうか、まずはそれによってフェイスブック広告の費用は大きく変わってきます。

ちなみに、今回のお話は伺ってみると、メルマガ読者の類似の人達に広告を表示したってことでした。
ということは、クリックされにくいってことですね?
だから、その時点で広告の費用は高くなります。
1クリックあたりの料金が高くなってしまうからですね。

また、販売している商品の価格も影響があります。
商品の詳細を聞いたところ、3万円近くするセミナーという話でした。
そりゃ、簡単じゃないですね。笑
オファーが強くて、コピーライティングを駆使して、デザインが上手なHPを作っても、
初回の購入で3万円なんて商品はそうそう売れるものではありません。
僕の経験では、3000円の商品を販売するのに5000円~15000円ぐらいの広告費を使うこともあり得ます。
つまり、3万円の商品を売る時に2500円で顧客獲得しようというのは、
かなり無謀なチャレンジってことですよ。

ただし、商品が高いから費用が高くつくってわけでもありません。
僕の経験では、24万8千円のセミナーをCPA3,859円で3件成約させたことがありますから。

こんな感じで、Facebook広告の費用としていくらが適正かというのは答えがありません。
あえて言うのであれば、成約するのに5000円以上は覚悟しておくと良いと思いますよ。
ぜひテストをしてみて確かめてみてくださいね。

眞心マーケティングと眞心イノベーションを
心がけていきましょう。

P.S.
本質的に大事なマインドセットは、CPA(顧客獲得単価)を
いかに下げるかということではありません。
CPAが高くてもビジネスを成立させる仕組みをどうすれば作れるか?
ということの方が大事です。
もっと言えば、CPAをいくらまでかけられるようにできるのか?
ということの方が大事なんですね。

読めます!メルマガ読者限定コンテンツ

無料メルマガ配信にご登録いただければ、メルマガ読者限定コンテンツを閲覧することが可能になります。
無料メルマガでは、小さな会社でも使える儲ける仕組みの作り方についても公開。そのノウハウに再現性がある証拠に僕の会社は様々な事業で話題になり、日本経済新聞やテレビ朝日など108回以上も報道されました。ただ、大事なのはあなたのビジネスが報道されることではなく、話題にされるだけの「差別化」ができることだと思います。
メルマガ「ビジネスの真理」は、僕が社員7人の会社で18億円を売り上げた実績を基に、マーケティング・心理学・自己啓発の書籍や高額なプログラムを大量に分析した結果得られた情報を無料でお伝えしています。
僕の名刺をお持ちであれば、名刺に描かれているマトリックスの解説を知ることができますよ。

無料メルマガの詳しい内容

SNSでもご購読できます。