自己啓発

損をすることも大事って知ってました?

%e6%90%8d%e3%82%92%e3%81%99%e3%82%8b%e3%81%93%e3%81%a8%e3%82%82%e5%a4%a7%e4%ba%8b%e3%81%a3%e3%81%a6%e7%9f%a5%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%81%be%e3%81%97%e3%81%9f%ef%bc%9f

明けましておめでとうございます。
少し遅めの始動ですけど。笑
本年もよろしくお願い致します。

というわけで、
年末年始はどう過ごされましたか?
僕は30日は、
世界遺産にも登録されている
紀伊山地の霊場の熊野に行ってきました。
朝4時に起きて1日で3ヶ所も
神社を回ってきましたよ。
総距離にして
500kmほどあったそうです。

しかも参拝は御垣内でした。
「みかきうち」って言うそうです。
ご存知でしたか?
僕は知りませんでしたよ。
要するに、
普段ほとんどの人が参拝してる所より
もっと奥に入って参拝するんです。
確かに、
伊勢神宮に行った時に見ました。
僕らが拝んでる所よりも
中で参拝してる人が居たんですね。
あれが謎だったんですが、
今回行ってみて分かりました。

で、
御垣内参拝ですが良いですね。
あれはセルフイメージが上がりますよ。
つまりVIP扱いしてもらえます。笑
その代わりに
初穂料として5000円ほど
必要になりますけどね。
でも、
奥に通していただけるし、
ご祈祷もしていただけるし、
お話もしていただけるし、
色々とお得感があります。
しかも!
御札とかお神酒とか
そういうのもいただけます。
神道のマーケティングはスゴイですね。
御札があるから、
来年も来ないとって気になりますし。
顧客維持の仕組みを
ちゃんと持ってます。笑

僕的には、
算命学でいう「散銭(ちりせん)」の
つもりでお納めしたのですが、
思いの外受け取るものが多かったです。
ちなみに散銭っていうのは、
得によって得たエネルギーを
損をすることで減らすことを言います。
簡単に言うとバランスを
保つ為に行う行為ですね。
見返りを求めないで
寄付とかお布施をすることを
言うんですよ。
大富豪とか成功者が
敢えて寄付をしたり、
ボランティアをするのはこの為です。
これをしておかないと、
せっかく得したものを一気に
失うことになってしまったりします。
なので、
損をすることは大事なことなんです。

ただし、
見返りを求めないってことなので
寄付したことやボランティアしたことを
SNSなどで口外しちゃうとダメです。
なぜなら、
そうやって口外することで
自尊心を満たそうとしてる
場合があるからです。
寄付してる自分カッコ良い。
とか
ボランティアしてる私ステキ。
とかって思ってやってしまうと
見返りを得ることになるので
ダメだってことですね。
いいね!を貰ってしまうことで
自尊心が満たされるってことです。

ちょっと話はそれましたが、
もし散銭をするつもりがあるなら
御垣内参拝も良いかもしれませんよ。
あ、
それから見返りを期待しないので
お願い事とかもなしですからね。
「有り難うございます」と
感謝を伝えるだけに留めてください。

それでは、
今年も人事を尽くしていきたいと
思います。
眞心マーケティングと
眞心イノベーションを
心がけていきましょう。

P.S.
御垣内参拝する時は、
正装じゃないとダメなので
注意してくださいね。
お陰で山道を1時間ほど
革靴で歩くことになりました。笑

P.P.S.
というか、
今回の話のネタに使ったせいで
散銭になってない気がします。
こっそりやっときます。

この考え方に洗脳されてませんか?

%e3%81%93%e3%81%ae%e8%80%83%e3%81%88%e6%96%b9%e3%81%ab%e6%b4%97%e8%84%b3%e3%81%95%e3%82%8c%e3%81%a6%e3%81%be%e3%81%9b%e3%82%93%e3%81%8b%ef%bc%9f

先日、
横山信治さんのセミナーの
お手伝いをしてきました。
相変わらず含蓄のある内容でしたね。
成功法則をリアルビジネスにおいて、
サラリーマンという立場で使って
頂点まで上り詰めた人としては、
横山さんは最高峰に位置する人だと
思います。
他の人の語る成功法則は
ビジネスの実体験や検証を伴わない
机上の空論のように聞こえますね。
だって大抵は、
成功法則を使って成功したんじゃなく
成功法則を語って成功してるような
人達ばかりですから。
要するに、
情報ビジネスで儲かったって人が
多いってことです。
そういう人達の語る内容は
薄っぺらく感じるんです。
その点、
横山さんは実際に使って試した
という部分で違います。
仮説検証を繰り返した結果を
伝えてくれているのが良いですね。
なので、
横山さんのお話はオススメです。笑

と、
そんな横山さんのセミナーで
面白い話があったのでシェアします。
それは多くの人が成功には、
「努力と時間が必要だと思いこんでる」
って内容です。
ここで言う成功は、
願望を実現するってことです。
ビジネスで言うのなら、
目的を果たしたり目標を達成する
ってことだと思います。
その為に多くの人が
「努力と時間が必要だと思いこんでる」
ってことですね。
これは本当にそう思います。

恐らく教育の賜物でしょうね。
言ってみれば、
僕達は洗脳されてきたってことです。
成功するには
努力と時間が必要だって教えられて
きたと思います。
だから、
身を粉にして働くわけですよね。
それが「正義」だと思って
いるわけです。
逆に言うと、
努力と時間をかけずには
成功できないって思ってるんじゃ
ないでしょうか。
というかむしろ、
努力と時間をかけずに
成功してる人が居たら
「ズルい」とか、
「何か悪い事をしてるんじゃ」
って思ったりするんじゃないですか?
だって、
僕はそう思ってましたよ?笑
でもそれは、
一部の階級の人間たちにとって
「有利」ってだけなんですね。
僕達が、
「努力と時間が必要」って
思ってくれてる方が都合が良い
ってことなんです。
その方が労働力を確保できますから。
分かりますよね?

だから、
僕は前の会社をしている時には
罪悪感を感じていました。
1億円以上のお金を借りてきて、
たくさんの技術を身に付けて、
システムを構築したおかげで
仕事をやらなくて済んでいるのに、
従業員に悪いなぁって
思ってたんですね。
自分が忙しそうにしてないと
何か申し訳ないと
思ってしまってました。

今から思うと、
そんなものは一切不要ですね。笑
むしろ、
努力も時間も使わずに
成果を出せることの方が
大事です。
8割の成果を出す2割に集中し、
レバレッジを効かせて働く。
あとはフリー!
それで十分に実績は出ます。
むしろ、
それが優秀な経営者の姿だと
僕は考えていますよ。

「努力と時間が必要」
というのは思い込みですね。
あなたは洗脳されてませんか?

人事を尽くしてノーテンションで
いきましょう。

P.S.
ただし、
ステージによっては
身を粉にして働くことも必要です。
人事を尽くすということと、
全力を尽くすということが
イコールの時もあります。
それに、
たとえ努力と時間を使わなくても
「誠意」を持って望む姿勢は
大切です。
努力と時間を使わないことと
誠意を欠くこととは
別次元の話なので勘違いを
しないようにしてくださいね。

日本人はもはや貧困層?

%e6%97%a5%e6%9c%ac%e4%ba%ba%e3%81%af%e3%82%82%e3%81%af%e3%82%84%e8%b2%a7%e5%9b%b0%e5%b1%a4%ef%bc%9f

無事に中国から戻ってきました。

中国から出国する際に、

「スマホバッテリー持ってんじゃない?」

「え?コレ?」

「もう1つあるでしょ?」

「え?こっちも?」

「もうない?」

「え?いや、ないけど…」

「…行っていいよ」

と、例によって
税関で止められそうになりながらも
今回は何とか切り抜けました。

隣で中国人のおばちゃんが
カタコトの日本語で
助け舟を出してくれたおかげです。

助けてくれて有り難う。笑

というわけで、
中国の深センに行ってきました。

いやー、
やっぱり中国は盛り上がってますね。

ニュースとかでは
景気は微妙だとか言ってますけど、
実際に目にすると違いますよ。

そこら中で工事はしてるし、
ビルはどんどん建ってるし、
人はめちゃくちゃ多いしで
熱気がスゴイです。

僕が前に行ってた時に比べて
勢いが衰えているようには
感じなかったですね。

実際、
その辺の接客業の若者の給料は
月収10万円前後だそうです。

以前は3万円前後と聞いてました。

それが数年で3倍に上がってましたね。

コレだけ聞くと
大したことないように聞こえると
思います。

でも、
寮があるので住むところは無料。

食事も付いてるので無料。

となると、
実際の可処分所得は
日本の若者よりも
多いんじゃないかと思うぐらいです。

物価も贅沢品を除けば、
当然中国の方が安いですしね。

スマホだって皆持ってます。

服装もかなり今風でキレイです。

だから暮らす分には、
日本の若者よりも裕福かも
しれないですよ。

ちなみに、
富裕層の物価で見た場合は
日本よりも深センの方が上です。

マンションも億ションばっかり。

BMWやポルシェやレクサスが
そこらじゅうに走ってます。

要するに、
日本人の方が裕福だと思ってるのは
外の世界を知らない日本人だけで、
実際はもう日本人は裕福でも
何でもないってことですね。

メンタル面で言ったら、
日本人の方が貧困だと思うのが
正直なところです。

勝るものがあるとしたら、
サービス精神とかだと思いますけど、
それも時間の問題のような気がします。

今回案内してくれた中国人の女の子は、
日本人の若者よりも気がきいてました。笑

事前にレストランまでの道のりを
自発的に確認しておいてくれたり、
対応も常に笑顔でしてくれるし、
知識も豊富で賢いんですよね。

そんな人達が
13億人いる中国市場だけではなく
17億人いる英語圏にも進出してる
みたいです。

片や僕達日本人が
一般的に相手にしてる市場は、
少子高齢化で減っていく一方の
1億2千万人。

しかも日本語しか使えないから
中国市場も英語圏にも出られない
っていう状態です。

こうやって考えると、
日本を何とかしないと
いけないと思うんですよね。

ただ、
日本は世界で見るとかなり特殊です。

日本人の常識は世界の非常識です。

だから、
グローバルスタンダードとか言って
欧米の文化を取り入れる方向で
やってきたと思います。

でも、
それだと結局は陳腐化するんですよね。

世界と同じ
マインドやマインドセットだと、
差別化できなくなるだけです。

むしろ、
思い切りのなさがアダになって
戦えなくなっていくと思います。

せっかく僕達には、
他の国にはない感性があるわけです。

あえて非常識を貫いて、
日本の良さというものを
追求するのも良いと思います。

あなたはグローバルを意識しすぎて
陳腐化してたりしませんか?

もっと日本ならではの
強みを活かす道もあるとは
思いませんか?

僕達が日本で1億稼げるなら、
世界に出れたら10倍はかたいと
思うんですよね。笑

何とかする価値はあるはずです。

人事を尽くしてノーテンションで
いきましょう。

P.S.
日本人の良さは、
大陸の文化を上手く融合させたことに
あると思ってます。

ポイントは「融合」です。

だけど、
今の日本人は極端な気がします。

極端に欧米の文化に迎合して、
過去の日本の文化に対して
排他的になる人。

逆に、
欧米の文化に排他的になって
過去の日本の文化だけを礼賛する人。

僕は日本人らしく、
良いところを融合して
イノベーションを起こす道を
進んで行けたらと思ってますよ。

あなたはいかがですか?

ビジネスは一生懸命やらなくていい?

ビジネスは一生懸命やらなくていい?

今日から3日間、
ビジネス書19冊の著者でもある
横山信治さんの宮古島セミナーに
行ってきます。

各部屋に
プライベートプールがあるという
リゾート施設に泊まってきますよ。

そんな経験は人生で初めてです。

というわけで、
今日は余暇についてのお話です。

あなたは、
余暇を十分にとっていますか?

僕は会社をやっている間、
ろくに余暇をとっていませんでした。

1年365日、
仕事のことばかり考えてました。

当然、
寝てる時も仕事のことが
頭から離れません。

一時はストレスからか
歯ぎしりが凄かったようです。

口が開かなくなって眼が覚める
という訳のわからない症状に
悩まされることもありました。

ふいに平衡感覚が保てなくて、
階段をまともに降りれなかったり、
自転車の運転がおぼつかなかったり、
トンネル内で上下が分からなくなる、
みたいなこともありましたよ。笑

胃痛なんてほぼ毎日でした。

ひどい時は、
あまりの激痛に耐えかねて
床に突っ伏して30分のたうちまわる。

そういう時は、
アドレナリンが出るからか
脳が痺れて疲弊するんですね。

痛みが治まっても、
なかなか仕事にならないってことも
ありました。

とまぁ、
ストレスにやられてたことを
言い出したらキリがありません。笑

だから先日先輩が
「遊んでる方が上手くいく気がする」
と言っているのを聞いて
妙に納得をしました。

要するに、
遊んで「楽しい」という感情に
なってるのが大事なんですね。

そうすることで
力が抜けるっていうのは
分かりますか?

ノーテンションになれるんですね。

ずっとアクセルを踏みっぱなし。

ずっとブレーキを踏みっぱなし。

そんな状況から抜け出せる
ってことだと思います。

すると頑なに張った状態、
「頑張った」状態ではなくなるので
周囲も付き合いやすく
なるんでしょうね。

良い人材や良い物事が
周りに集まってくるんじゃ
ないかと思いますよ。

僕も実際、
自分では一切頑張ってないなと
思うぐらいの方が上手くいってます。

つまり、
ビジネスというのは
「一生懸命」じゃダメなんだと
思います。

大抵の人は、
その言葉にとらわれていて
一生仕事の奴隷になってますよね。

そうじゃなくて、
元々の語源のように
「一所懸命」で十分なんじゃ
ないでしょうか。

人事を尽くすべき時は
一所に集中して懸命に行う。

ただし頑張る必要はありません。

できるだけリラックスした状態、
ノーテンションで良いと思います。

その上でやり切る。

そして、
人事を尽くしたなら
ノーテンション。

自然に身をゆだねるように
天命を待つ。

余暇を楽しむなりして
「楽しい」感情を取り入れて
ください。

そうすれば、
ビジネスはどんどん好転していくと
思いますよ。

行き詰まっているなと思ったら
ぜひ試してみてくださいね。

P.S.
一生懸命よりも一所懸命。

でも、
あなたが経営者なのであれば
「一緒賢明」が良いかもしれません。

素晴らしいチームメンバーと
賢く適切な判断を下して
ビジネスを行う。

それこそが賢明な経営者の
姿なのかもしれませんよ。