イノベーション

最強のオファー

最強のオファー

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です。メルマガに登録するとパスワードが送られてきますので、良かったら登録をお願いします!→メルマガに登録する



イノベーションNO.1

イノベーションNO1

ちょっと昔話です。

当時26才だった僕は、
イノベーションをおこす必要が
ありました。

それまではブランド品の
ネットショップのコンサルや
スポーツ用品の通販の運営などを
していました。

でも、
新しく建てた会社の事業として
フリーペーパーを作ることに
なったのです。

当時はフリーペーパーが
乱立し始めていた時でした。

新しいフリーペーパーを作れば、
ニュースになって話題になる
時代だったんですね。

だから
会社のブランディングも兼ねて
「意図的」にフリーマガジンを
立ち上げたのです。

案の定、
僕の会社が発行したフリーマガジンは
メディアに取り上げられました。

「革新的」な内容だったため、
「面白い」となってメディアが
食いついてくれたわけですね。

実はこの時、
いくつかのイノベーションが
「意図的」に行われています。

1つは僕自身のイノベーション。

ネットショップやインターネットは
詳しかったのですが、
フリーマガジンなんて
作ったことがありませんでした。

せいぜいPhotoshopというソフトで
チラシもどきや画像加工を
したことがあるぐらいです。

トンボ?ノンブル?表1??
何のことかさっぱりでした。

紙媒体のデザインの知識なんて
ほとんど知らなかったんです。

しかも技術的にも
Illustratorというソフトなどは
使ったこともありませんでした。

でも、
フリーマガジンを出すと決めたので
自分自身にイノベーションを
意図的に起こしたんですね。

つまり、
僕自身の技術にイノベーションを
起こしたということです。

もう1つはカテゴリの
イノベーションです。

ニッチをサブニッチ化する
とも言いますね。

ニッチは隙間という意味です。

だから、
「フリーペーパー」+「オタク」
でイノベーションをしました。

だけど、
これだけではまだ「ニッチ」です。

すでに東京で存在していました。

そこから、
「フリーマガジン」+「メイドカフェ」
にしたんですね。

これで
革新的なメディアの誕生です。

フリーペーパーはありましたが
フリーマガジンという冊子形式は
当時は少なかったんですね。

大判の紙を折りたたんだものが
多かったんですよ。

だから、
差別化を意図的にしました。

そもそもオタク関連の内容なので、
当時は街ナカで広げるのも
抵抗があるものだったんです。

そこで、
コンパクトにして使いやすく
したわけですね。

ついでに言うと、
オタクでは抽象度が高いので、
メイドカフェにサブニッチ化
しました。

最終的にはメイドカフェよりも
抽象度が高い「萌え」にして
内部顧客のシェアを取りにいく
戦略を選んだのですが、
そこは別のお話です。

結果としてオタク業界は
日本一=世界一みたいな
ところがありましたので、
僕の会社のフリーマガジンは
「世界一」のメディアに
なったんですね。

オンリーワンであることは、
ナンバーワンってことです。

つまり、
僕の会社は創業当時から
「意図的」に「イノベーション」を
おこすことで顧客の認知を
獲得していったんですね。

これは、
ビジネスを拡大する為に
あなたにも必要だと思いませんか?

要は意図的に
あなたやあなたのビジネスに
イノベーションを起こすという
ことです。

イノベーションは何も
技術革新のことだけを
言うわけではありません。

あなた自身のマインドや
あなた自身のスキル、
あなたのビジネスの理念や
あなたのビジネスの商品、
そして
マーケティングそのものや
セールスに至るまで
革新は必要なんじゃないですか?

ドラッカーもビジネスの機能は
「マーケティング」と
「イノベーション」の
2つだけと表現していますよね?

だからあなたもぜひ、
僕からヒントを手に入れて
イノベーションを意識してみて
くださいね。

お客様の要望なんて聞いちゃダメ!

お客様の要望なんて聞いちゃダメ!

こんにちは。ムラモトです。

実店舗なんかを経営していると、
従業員から顧客の声が
聞こえてきます。

僕も実店舗を経営していた時は
従業員から色々と要望が
上がってきてました。

経営者としては顧客の為に
価値を提供したいと考えるのは
当然ですよね。

だから要望があれば
それに応えたいというのも
分かる気がします。

でも、
顧客の声を製品やサービスに
反映すれば良いのかというと
実はそうではないと思います。

なぜなら、
顧客は近視眼的な視点でしか、
あなたの商品を見ていないからです。

その例として
あなたは砂漠の民への援助で
うまくいった施策の話を
ご存じですか?

この話も、
顧客の要望に素直に従っていたら
成功することはなかったはずです。

例えば
あなたが砂漠に行ったとしましょう。

日照り続きで困っている人達がいます。

そんな彼らにあなたが
リサーチしてみてください。

するとどんな答えが返ってくると
思いますか?

恐らく、
「水が欲しい」と言うのでは
ありませんか?

そこであなたが水を提供したら?

その場は喜ばれると思いますが、
結局問題は解決していないので
再び砂漠の民は援助の
必要な状態に戻るでしょうね。

では少し賢い人が居て
「井戸が欲しい」と言った場合は?

これも同じですよね。

結局、井戸が枯れたり
井戸のない地域では依然援助を
必要とし続けます。

じゃあどうしたら良いのか?

そうですね。

「井戸の掘り方を教える」

コレが砂漠の民の欲求に
本質的に応える結果になると
思います。

いかがでしょうか?

同じような話で、
魚の捕り方を教えるみたいな
話も聞いたことがありますね。

つまり、
木を見て森を見ずというのが
ほとんどの顧客なんだと思います。

だから、
顧客の要望を鵜呑みにするのは
注意した方が良いと思いますよ。

あなたがビジネスとして
やることは顧客に本当の価値を
提供することですからね。

P.S.
外部顧客だけでなく、
内部顧客の要望にも
注意したほうが良いですよ。

従業員も取引先も
あなたほどあなたのビジネスを
理解しているわけでは
ありませんからね。