コピーライティング

書くのに気がノらない時はどうするか?

0330書くのに気がノらない時はどうするか?

この3月はスケジュールが一杯でした。
おかげでメルマガの配信頻度も下がってしまって…。
先日なんかは、山形に3泊4日で勉強会に参加してました。
そのせいで生活リズムに変化が出て影響が出てるかもしれません。笑

というわけで、若干の違和感がありながらもメルマガを書いています。
スゴく書きにくいです。
何というかノらない感じですね。
そんな時はありませんか?
コピー(文章)を書かないといけないのに書く気にならないとか。
書き出したは良いけれども良い感じのことが思い浮かばないとか。

そういう時にどうすれば良いのか?
僕がやっているのは、「コピーライティングに関する情報を入れる」ということです。
僕の場合は、オーディオブックを聞くのがメインなのでコピーライティングに関するオーディオブックを聞きます。
すると、何というか気持ちが湧き上がるんですね。
コンテンツで話していることを自分でも表現したくなってきます。
オーディオブックがないなら、書籍とかでも良いと思いますよ。
お気に入りのコピーライティングに関する本を読み返してみると良いんじゃないでしょうか。

これはメルマガとかだけじゃなくて、広告の原稿を書く時もやってます。
というか、気がノらない時だけじゃなくて、原稿を書く前には何かしら
コピーライティングに関する情報を入れるようにしてるんですね。
そうすると、聞いた内容をフィードバックしたくなってきます。
関連して、アレもコレもという具合に眠っていた感覚みたいなのが蘇ってくるんですね。
要するに、「呼び水」みたいなもんです。
恐らく、そうやって脳に刺激を与えると脳が働き出すんじゃないでしょうか?

コピーを書く時に気がノらない時はぜひ試してみてくださいね。

眞心マーケティングと眞心イノベーションを
心がけていきましょう。

P.S.
コピーライティングの本で何が良いか分からない時は、この本なんて良いと思いますよ。

シュガーマンの本
究極のセールスレターも良いかもしれないですね。

広告文の書き方のコツを暴露します

0303広告文の書き方のコツを暴露します

昨日は大阪3期コーチンググループのミーティングが開催されました。
新たに7人のメンバーが参加してくれることになりました。
エネルギーの高いメンツなので勝手に緊張してます。
皆、超が付くほどに変人・・・いえ勉強熱心な方たちなので、
クオリティに満足していただけるか不安もあるのが本音です。笑
人事を尽くしていきます!

「書くことは神聖なものって思ってるんですよね。」
これは懇親会で伺ったコピーの相談に乗っていた時のメンバー方のコメントです。
確かに、ある意味で書くことは神聖なものなのかもしれないですね。
その感性はとても素敵だと思います。

でも、広告文を書くときはそこまで神聖視しなくても大丈夫なんですよ。
なぜなら、広告文は誰かに語りかけるように書けば良いからです。
話し言葉を使って、普段お客さんに接しているように書けば良いだけなんです。
それが広告文の書き方のコツですね。
例えば、書くのが苦手な場合なんかは接客している時の音声を録音して、
それを書き出すなんて形でも大丈夫です。
それをわざわざ書き言葉に変換する必要もありません。
もちろん、書き起こすのは成果が出ているトークじゃないとダメですけど。

あとは他に何が大事かですが…
大事なのはキレイに書くことより話の「展開」の方ですね。
お客さんの感情が動く、つまり「感動」するような
「流れ」とか「プロセス」がポイントになります。
分かりやすく言うと、小説でも映画でも漫画でも
話の順番を入れ替えたらどうなるか?ってことです。
恐らく、何の感動も生まない作品になると思いませんか?
ということは、話というのは順番が大事ってことですよね?
お笑いなんかでも、「振り」なんて言葉があると思います。
要するに、その振りがあるかどうかで後にくる「落ち」がウケるかどうか変わってくるってことです。

こんな感じで、広告文の書き方のコツは、「展開」「流れ」「プロセス」
といったものを大事にすることが挙げられます。
キレイな言葉を使うとか、上手な文章を書くってことはあまりに気にしなくても大丈夫なんですね。
だから、もう少し気楽に書いてみるようにしてもらったら良いと思いますよ。
ぜひトライしてみてください。

眞心マーケティングと眞心イノベーションを
心がけていきましょう。

P.S.
広告文を書く時に必要な知識はコピーライティングの知識です。
つまり、「展開」とか「流れ」とか「プロセス」について、
何をどうすれば感動してもらえるかっていうノウハウを理解できれば良いだけなんですね。
これから、眞心コピーライティングももっとお伝えできたら良いなと思ってます。

チラシ広告は効果がない?

0220チラシ広告は効果がない?

チラシ広告は効果がない。
なんて聞いたことはありませんか?

チラシ広告ってせんみつとかまんみつって言うからね~。
と、以前広告代理店出身の方に言われた事もありました。
千に三つ、万に三つ、ってことだそうです。
要するに、反応率や顧客転換率が0.3%とか0.03%が当たり前って話ですね。
確かに、ポスティングとかで無作為にチラシを配ったらそういう数字になるかもしれないですね。
でも、コピーライティングを駆使してマーケティングをしたチラシ広告は違うんですよ。
眞心を込めたコピーライティング。
眞心を込めたマーケティングをしたらどうなるか?
僕のクライアントのところは、1.56%、2.47%、3.15%という顧客転換率を実現しています。
1000枚程度の印刷で、配布枚数が少ないというのもあるとは思います。
でも、これはかなり優秀な数字だと思いませんか?
毎月チラシから新規顧客の創造ができています。
チラシによる効果が、右肩上がりなのもスゴイですね。

つまり何が言いたいかというと、「チラシ」という広告が良いか悪いかではないんです。
もし誰かがあなたに「チラシ」はダメだと言うことがあったなら、
それは「その人のチラシ」がダメだっただけです。
チラシそのものがダメなわけじゃないんですね。
あなたが実際に経験して、チラシが上手くいかなかったなら、
それはあなたのチラシが・・・
いえ、これ以上言うのはやめときましょう。笑

これは他の広告も同じことですよ?
何かの広告がダメだって話。
ブログはダメだとか、ホームページはダメだとか、
メルマガはダメだとか、そういった話はすべて、
その時のやり方がダメだっただけです。
広告媒体そのものが悪いわけじゃありません。
提示する顧客層やオファーの内容やコピーライティングなど、
広告媒体以外のところに問題がある場合がほとんどです。

あなたは、特定の広告がダメなものだと決めつけてしまってはいませんか?
マーケティングやコピーライティングを理解したら、改善される可能性はありませんか?

眞心マーケティングと眞心イノベーションを
心がけていきましょう。

P.S.
実は僕には苦手な広告があります。
それは、雑誌や新聞による広告です。
こればっかりは、今まで上手くいった試しがありません。笑
正直、めちゃくちゃ難しいと思ってます。
反応はあるんですが、費用対効果が合うところまで持っていけたことがないんですよね。
惨敗です。笑
いつかリベンジしたいです。

顧客は◯◯で買っている?

%e9%a1%a7%e5%ae%a2%e3%81%af%e2%97%af%e2%97%af%e3%81%a7%e8%b2%b7%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%81%84%e3%82%8b%ef%bc%9f

ここ最近は、
東京出張やコピーライティングでわちゃわちゃしてました。
まだ何本かコピーを書く仕事があるのでもう少しバタバタしそうです。
でもようやく10月11月の月天中殺も終わり、
何かを始めることができます。笑
月天中殺の間に、コーチンググループの開催を
依頼されていたりもしたので、できれば今月中に案内を
出せればと思ってますよ。

そんな中、今日はカフェのクライアントと
ミーティングをしてきました。
そのカフェはついに1周年を向かえます。
オープン時にYahoo!ニュースで取り上げられたお店ですね。
何気にスゴイですよ。
カフェなのにLTVの最高額は8万円台です。笑
1年間でカフェに8万円も使ってくれる顧客がいるんです。
Twitterのフォロワーは3000人間近。
メルマガの読者数はもうすぐ8000人です。
たった1年ですからね。
インターネットビジネスじゃなく、オフラインのビジネスの話です。
かなりスゴイことだと思いませんか?
コーチングをしたのは僕ですが、クライアントが人事を尽くした成果ですよね。

そんな素敵なクライアントとメニューについての話をしてきました。
売上の公式で言うところの主に顧客単価を上げる為の施策ですね。
で、何を改善する必要があるかと言うと…ヴィジュアルです。

デザインの中でも特にヴィジュアルについての改善点を指摘しました。
なぜなら…

顧客は、「イメージで買っている」からです。
コレは結構大事なポイントです。
顧客は、商品そのものを買ってるわけじゃないんですよ。
超本質的な事を言うなら「イメージで買っている」これが真理だと思います。
だからこそのヴィジュアルです。

というのも、ヴィジュアルというのはイメージを膨らませるのに
効果的だからです。
いつもはコピーライティングの重要性について語ってますけど
結局のところ必要なのはイメージさせる力です。
それがヴィジュアルだと簡単にできるんですね。
例えば、美味しいオムライスって言われても、
イメージなんてできないですよね?
でも、オムライスの写真を見せたらどうでしょうね?
どんな説明をするよりも一瞬で伝えることができませんか?
だから、食品サンプルがあるわけです。

通販とかも同じですよ。
インターネットだろうが、カタログだろうが一緒ですね。
あなたがやっているビジネスも何ら変わることはありません。
100円の商品から数十億円のジェット機でも根本的な原則は同じことです。
大事なのはイメージを持ってもらうことです。

そのイメージによって感情が動かされ、期待値が上がることで
商品を取引することになるってことですよ。
だから、ヴィジュアルは超重要です。
もちろん、コピーライティングによる
「適切なメッセージ」が書けていることが前提ではあるのですが。

あなたのビジネスで、ヴィジュアルを蔑ろにしてるなら
注意した方が良いかもしれません。
特にHPやチラシなどの紙媒体、商品パッケージなどには
注意を払ってくださいね。

眞心マーケティングと
眞心イノベーションを
心がけていきましょう。

P.S.
イメージを持つというのは、
何も視覚的なことだけを言ってるわけじゃありません。
「良さそう」と思って貰えることが重要なんですね。

例えば、書籍の装丁なんかがわかりやすいですよ。
本の表紙のヴィジュアルは本の内容についても
良さそうだとイメージさせる効果がありますよね?
この時の見込顧客の頭の中は、
別に本の内容を視覚化してるわけではないと思います。
本の中身が目に浮かぶわけじゃないってことです。
それでも、良さそうなイメージになるのは
間違いないですよね?
つまり、イメージと視覚化は、
イコールではないところもポイントですよ。

P.P.S.
僕のコーチングを受けたら、
ビジネスでもっと成果が出そうなイメージは持てましたか?笑

DRMは変な人を集客するのか?

drm%e3%81%af%e5%a4%89%e3%81%aa%e4%ba%ba%e3%82%92%e9%9b%86%e5%ae%a2%e3%81%99%e3%82%8b%e3%81%ae%e3%81%8b%ef%bc%9f

東京と大阪でやっている
グループコーチングの動画を
編集していて気づいたことが
ありました。

質問の中で、
「変な人を集客したくない」
ってのがあったんですね。

で、
動画ではそれに対して回答を
してるんですが、
別の角度から思うことがありました。

それは何かと言うと、
どうも集客の技術が上がると
変な人を集めてしまうっていう
既成概念があるみたいなんですね。

あなたはいかがでしょう?

集客力が上がると、
来て欲しくない顧客まで
自分のところにやって来るって
思ってたりはしませんか?

恐らく、
これはコピーライティングや
ダイレクトレスポンスマーケティングに
対する誤解から来てると思います。

要するに、
集客の技術が上がるってことは
「煽る」のが上手くなるってことと
イコールだと思われてるんじゃ
ないかってことです。

違いますからね。笑

煽りまくっているのは
似非コピーライターの連中です。

似非マーケッターの連中です。

心理学を悪用して、
人を「操作」してるような
人達ですね。

まぁ、
詐欺師みたいなもんですよ。笑

DRM、
ダイレクトレスポンスマーケティングが
日本で広く紹介されるようになった頃に
ブイブイいわせてた連中がいたんですね。

そういう人達は、
不安を煽って誇大広告をすることで
集客を実現していました。

たちの悪いことに、
そういう人達は
未だに生き残ってたりします。

っていうか、
小手先でやってるような
人間力のない連中なので、
未だに働き続けないといけない
ってことです。

ビジネスの
成功者っぽく振る舞ってるけど
ニセモノってことですね。

だからお金を稼ぐために
誰かに寄生しながら
ビジネスを続けています。

なので、
今でもLP(縦長のHP)には
胡散臭いと感じるものが多いと思います。

そういう連中が携わってるからです。

すると、
結果として「操作」された人達が
集客されることになります。

適切に「説得」されていない人達が
集まることになるんですね。

要するに「得を説く」ことで
ちゃんと「納得」している
顧客を集めてないってことですよ。

だから変な人がやって来ます。

精神的に弱かったり、
自分に責任が持てなかったり、
依存体質の人達が集まりますね。

そんな傾向を見ることで、
多くの人が偏見を持った状態で
コピーライティングや
ダイレクトレスポンスマーケティングを
捉えてるように思います。

でも、
本質は違うんですよ。

集客の技術が上がると
「お付き合いしたい顧客だけ」を
集めることができるようになります。

来て欲しい人だけを
「選ぶことができる」
ようになるんですね。

それは、
メッセージを正しく扱うことが
できるようになるからです。

自分の意図を適切に伝えることが
できるようになるからなんですね。

あなたの望む顧客以外を遠ざけて、
あなたの望む顧客だけを引き寄せる。

しかもダイレクトに。

スグに直接的に反応が得られる
ってことですね。

それが、
コピーライティングの本質であり
ダイレクトレスポンスマーケティングの
真骨頂ですよ。

集客の技術が上がるということは、
顧客を大勢集めることができる
ということではありません。

集客の技術が上がるということは、
あなたがお付き合いしたい良質な
顧客を大勢集めることができる
ということなんですね。

そういう技術なら
手に入れてみたいと思いませんか?

人事を尽くしてノーテンションで
いきましょう。

P.S.
包丁は、
料理に使って人を喜ばすことも
殺人に使って人を悲しませることも
できるツールです。

結局、
使う人の人間性によって
包丁という存在の意義が
変わってくるんですね。

集客の技術も
結局は使う人の人間性によって
意義が変わってくるってことだと
思いませんか?

世のため、人のためになる
使い方をして欲しいと思います。

新しい信念を与えていますか?

あなたは
ビジネスは「頑張らないと」
成果が出ないと思ってないですか?

僕は思ってましたよ。

ひたすら頑張って、
一生懸命に死ぬほどやって
それでようやく成果が出るんだと
思ってました。

朝から晩まで14時間以上は
仕事をする。

土日祝日関係なし。

元旦だって出勤。

それが当たり前だと思ってました。

でも…

ぶっちゃけそんなことはありません。

「集中」とか「レバレッジ」とか、
「制約」を理解できているか。

「顧客リサーチ」や「システム」
「ビジネス戦略」ができているか。

そっちの方がよっぽど影響は
大きいと思いますね。

例えば、
毎回全力疾走で
東京に向けて走る必要なんて
ないんですよ。

真夏にそんなことしたら
ぶっ倒れます。笑

じゃなくて、
定刻通りの新幹線に乗って
車内でお弁当を食べながらでも
東京には行けるんですね。

ただ、
定刻通りの新幹線に乗ることには
人事を尽くさないといけませんが。

これは何の話をしてるかと言うと、
「顧客の信じていること」について
語っています。

分かりますか?

恐らくあなたも含め、
「ビジネスは一生懸命頑張る」
のが当たり前だって思ってるんじゃ
ないでしょうか?

でも、
実際はそうとは限りませんよ
って話をしています。

要するに、
これがコピーライティングの
コツの1つでもあります。

つまり、
「顧客の信じていること」が
何なのかを突き止めて、
その信念を「新しい信念」で
上書きする必要があるってことです。

その「新しい信念」が
顧客にとって「得」だという
期待値が上がることで、
顧客は行動を起こしてくれるんですね。

だから、
あなたは「顧客の信じていること」を
突き止めないといけません。

何を信じているのか?

何を疑っていないのか?

何を当たり前だと感じているのか?

それを知ることで、
あなたは顧客の感情を動かし
行動を起こしてもらえるように
なるはずですよ。

あなたは、
「顧客の信じていること」
が何なのかを明確に語れますか?

今日も人事を尽くして
ノーテンションでいきましょう。

P.S.
例えば、
「減塩」が正義だと思ってたりは
しませんか?

でも、
過去の文献で日本人は
外国人の約2倍の塩分を取らないと
ダメな民族だって記述が
残ってたりします。

さらに、
減塩すると血流が悪くなり
体温も下がり、
皮膚病やがん細胞の増殖にも
繋がりかねないって話があります。

だとしたら、
「減塩」はむしろ害悪ですよね?

あなたは過去のどこかで
「減塩」が正義っていう信念を
植え付けられているってことです。

そして、
「減塩」で稼いだ人達が
どこかにいるはずですよ。

あ、
ちなみに塩分は「海塩」で
取るようにした方が良いそうです。

「岩塩」や「塩化ナトリウム」では
望む効果は期待できませんよ。

こういうのが
「新しい信念」ってことですね。

顧客が本当に欲しいのはコレだ!

顧客が本当に欲しいのはコレだ!

今日の内容は、
理解できたら視界が開けるかも
しれません。

これは、
多くの人が間違って認識している
ことなんですが…

顧客は、
あなたの商品が欲しいわけじゃない
ということに気付いていますか?

商品というのは、
製品とかサービスのことです。

モノの場合もあれば、
機会とか権利のような場合も
あるでしょうね。

で、
そういった商品が
顧客の本当に欲しいものではないって
ご存知でしたか?

「んなアホな!?」

って思われるかもしれませんが、
そうなんですよ。

じゃあ、
顧客は何が欲しいんでしょうね?

僕たち
コピーライティングをする人間は
それをベネフィットのベネフィットと
呼んでいます。

得から得られる得ですね。

「得」多いですね。笑

得から得られる結果
なんて言い方もします。

未来の姿とかって言い方もします。

でも…

本当に欲しいのは「感情」です。

顧客はあなたと商品を取引して
「感情」が欲しいんですね。

ただ、
感情と言ってもピンとこないと
思います。

だから今日、
それを明確にしましょう。

顧客が本当に欲しいもの、
それは「◯◯感」です。

今あなたは、
「納得感」に満たされては
いませんか?笑

「あー、なるほど」って。

要するに、
あなたも今日のこの記事を
「◯◯感」が欲しいから
読んでいたってことですね。

同じように、
例えばジェットコースターは
ジェットコースターに乗りたいから
お金を払うんではないんですね。

「恐怖感」や「開放感」、
「高揚感」のようなものを
求めてるのだと思います。

僕はジェットコースターが
苦手なので分からないですけど。笑

他には、
ダイエット器具を買ったのに
使わないという心理も説明できます。

アレは要するに、
購入ボタンを押すかどうか
注文の電話をするかどうか、
迷った挙句に決断して得られる
「安堵感」のようなものが
欲しかった人が陥ります。

期限や限定に間に合うかという
「焦燥感」が解消され、
「安心感」や「満足感」で
満たされてしまうので、
ダイエット器具を使わなくても
得を得てしまうというのも
あります。

また、
宝くじなんていうのは
「期待感」そのものを
買っているわけです。

宝くじの紙切れを買ってる
わけじゃないですものね?

つまり、
顧客はあなたと商品を取引して
「◯◯感」を得ようと
してるんですよ。

だから、
あなたが説明文や告知文を
書いたりするときは必ず、
顧客が得たいと思っている
「◯◯感」を明示もしくは
暗示するようにしてくださいね。

P.S.
たくさんの人から推薦などの
「声」をいただくことが
できました!

嬉しいです。
そして照れます。笑

がっつり更新しましたので
良かったら見てくださいね。
http://www.settoku.com/benkyokai709

広告はやっぱり諸刃の剣

広告はやっぱり諸刃の剣

最近見た広告に
「売り込みをしないマーケティング」
って書かれていました。

………

もう、
ツッコミどころしかありません。笑

マーケティングって
そもそも売り込みじゃない
ですからね。

売り込むなら、
それは「セールス」です。

顧客へオファーする活動が
セールス。

顧客からオファーされるまでの
一切の活動がマーケティング。

こう覚えておいてもらうと
いいと思います。

買ってくださいって
顧客に対してオファーする。

売り込むのはセールスですよね。

しかも、
「日本で唯一」だそうです。

世界中でマーケティングは
行われているのに?

というか、
僕もやってますけど??

マーケティング。

誇大広告にも程がありますね。笑

あと、
広告文に「月商7桁」とか
書いてありました。

イチ、ジュウ、ヒャク………
ヒャクマン?

ああ、月商百万円代ですね。

コレも、
コピーライターの業界では
常識的な「タブー」です。

見ている人に考えさせたり、
ぱっと見て理解できなかったり、
具体性がない書き方はNGです。

この人ダイジョウブ???

って感じで、
昨日のメルマガでもお伝えした通り
「広告」は諸刃の剣です。

たとえどんなにまともな商品を
取り扱っていたとしても、
広告がまともじゃなかったら
敬遠されることだってあり得ます。

それは要するに、
HPやブログやFBを始めとして、
チラシやパンフレットやポスター
なんかでも同じですね。

メディアでのメッセージが
めちゃくちゃだったり、
見せ方がおかしかったら
敬遠されてしまうってことです。

正直、
僕はこの広告主に対して
胡散臭さしか感じません。

たとえ、
「中身がまともだったとしても」
です。

あなたは大丈夫でしょうか?

顧客から敬遠されてしまうような
広告の書き方をしてはいませんか?

P.S.
僕もLPとかちゃんと書いた方が
良いよなーって思いました。

自分のこととなると
適当になってしまうんですよね。笑

コピー大事ですね。

コレ、気付かずにやってませんか?

コレ、気付かずにやってませんか?

あなたは他人と話をしていて、
相手が何を言ってるのか分からない時、
イライラしたことはありませんか?

論点があっちこっちにいったり、
関係のなさそうなことまで
話をしてきたりとよく分からない。

結局、
要点が理解できなくて困惑する。

そんなことはないですか?

僕はよくありました。笑

そんな時、
昔なら口を挟んで起動修正を
試みていたんですが、
最近はそれもやめました。

相手の自己重要感を上げるには
「聴くが8割、話すが2割」が
重要です。

しかも、
「聴く8割をした後で話す2割」が
ポイントです。

要するに、
相手の思うように話をしてもらい
それを聴き続けるというのが
人間関係を良好にするコツだと
気づいたわけですね。

なのでひたすら聴く。

そう決めたので、
イライラすることもありません。

相手に話す機会を「与える」と
考えると良いかもしれませんね。

でも、
今の僕なら大丈夫ですが、
昔の僕なら耐えられません。笑

何を言ってるか分からない話を
永遠と聴き続けることは
できないでしょう。

ましてや、
あなたの見込顧客が
耐えてくれるとは限らないと
思いませんか?

あなたが何を言ってるか
分からない話し方をしてたら、
せっかくの見込顧客も
逃げてしまうんじゃないでしょうか?

そんな話し方を
気付かずにやってしまっているのが
「コピーライティング」です。

広告は、
「Salesmanship in Print」
と言われています。

簡単に言うと、
セールスマンが接客の時に
行っていることを紙上で行うのが
広告だって言われてるんですね。

今は紙に限らず音声や映像、
Webといったメディアも
考えられます。

でも当時は紙だったんですね。

だから「Print」です。

で、
その広告を上手に行う技術が
コピーライティングです。

要するに、
あなたがコピーライティングを
上手にできていないなら、
相手は何を言ってるか分からない話を
永遠と聞かされてる気分に
なってしまうってことですね。

面と向かって言いたいことを
言い続けるなんてことは、
あなたもしないと思います。

でも…

紙面上ならどうでしょうか?

チラシとかパンフレットとか
DMとかですね。

Web上とかだとどうでしょう?

HP、ブログ、Facebookとか。

Podcastなどの音声や、
YouTubeなどの映像も同じです。

これらはすべて、
「コピーライティング」の技術を
必要としています。

そうそう、
今読んでいただいている
メルマガだってそうですね。

メールやLINEだって
コピーライティングの技術で
相手の印象を良くしたり、
上手に説得したりすることが
できるようになります。

あなたがもしビジネスで
望んだ成果が出ていないなら、
「コピーライティング」の技術を
知らないからかもしれませんね。

「書く」というのは、
案外誰にでもできると思って
意識していないのかもしれません。

でも、
「ペンは剣よりも強し」って
言いますからね。

要は、
それだけの威力のあるペンを
ないがしろにしてしまってるかも
しれないってことですよ。

だとしたら、
「コピーライティング」の技術は
身につけておいた方が良いですよね?

あなたもビジネスの為に、
「コピーライティング」を
学んでみてはいかがですか?

P.S.
僕が18億円を売り上げたのは
コピーライティングの技術を
身につけていたことも要因です。

勉強会ではもちろん
コピーライティングもお伝えしますよ。
http://www.settoku.com/benkyokai629