戦略

戦わない戦略だけでは衰退します

0304戦わない戦略だけでは衰退します

ブルーオーシャン戦略って聞いたことはありますか?
ニッチな市場を見つけて「戦わない」戦略を取ることを言います。
ちなみにブルーオーシャンとはレッドオーシャンと対比する言葉です。
レッドオーシャンは血で染まった赤い海を指します。
要するに、競争が激化している市場ってことですね。
対してブルーオーシャンは、そういった競争がない市場です。
つまり、ニッチ(隙間)な市場は競争が起きていないので、
弱者にとっては市場開拓に向いているってことですね。
だから、僕達のような中小零細の経営者は「戦わない」戦略を取るのが有効だって言われています。

ですが・・・

実はあまり知られていませんが、「戦わない」戦略というのは長期的に見ると衰退する戦略です。
経営学の世界において、「戦わない」戦略が不利になるのはすでに答えが出ているんですね。
理由は簡単です。
イノベーションが起きないからです。
つまり、競争にさらされないということはビジネスの進化や最適化を妨げてしまうんですよ。

そして、ある日黒船がやってきます。
それは大手企業のような強者かもしれません。
もしくは、異業種から参入してきたイノベーティブな企業かもしれません。
そういう連中がやってきて、平和ボケしている市場を荒らし始めます。
戦わない戦略を取っていると、そこに対抗手段がないために市場を守ることもできないんですね。

これは、僕も実体験していることです。
ニッチな市場を見つけて、そこで市場を開拓しました。
その時は、僕自身が他から参入してきた異端者でした。
いくつかの会社は撤退を余儀なくされたと思います。
そうやって、ニッチな市場でシェアを取りました。
でも、それも長くは続きませんでした。
さらにニッチな市場に資本力のある企業が続々参入してきたのです。

ほとんど戦わずして得た市場は、そういった企業に奪われました。
イノベーションを怠った結果だったと思います。
投資ができなかったのも大きな要因だったでしょうね。
知識不足もあったと思います。
僕のビジネスは陳腐化されてしまいました。
もっとやれることはあったのに、と今なら思いますね。笑

こんな感じで、ブルーオーシャン戦略とか、いわゆるニッチ戦略とか、
「戦わない」戦略というのが必ずしも有効とは限りません。
スタートアップ時に有効なのは確かなんですが、
永続的に使い続けて良い戦略ではないんですね。
そこは勘違いしないようにしてください。
あなたは「戦わない」市場で安心しきってはいませんか?

眞心マーケティングと眞心イノベーションを
心がけていきましょう。

P.S.
言い方は悪いかもしれませんが、僕が市場の開拓をオススメするなら
独占されているニッチな市場を狙うように伝えます。
つまり、誰かのブルーオーシャンを狙うんですね。
平和ボケしているところを狙います。笑
あくまでも参入することが社会の利益になるってことが前提ですけど。
ここから先はランチェスター戦略の出番ですがこれはまた別の話です。

分かっていただきたいのは、競争はあなたが望まなくてもいつか起きるってことです。
だから、いつ競合が現れても良いように研鑽を惜しまないようにしてください。

利益を大きくする基本戦略を知っているか

%e5%88%a9%e7%9b%8a%e3%82%92%e5%a4%a7%e3%81%8d%e3%81%8f%e3%81%99%e3%82%8b%e5%9f%ba%e6%9c%ac%e6%88%a6%e7%95%a5%e3%82%92%e7%9f%a5%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%81%84%e3%82%8b%e3%81%8b

「コレ安いし失敗してもいいや」
と思って何かを買うことって
ないですか?
最近はマーケティングに詳しくなったので
あまりそういうことはありません。
でも、昔は僕も結構買いましたよ?
で、
「失敗したー」って思うことがよくありました。笑

実は、この心理を応用した戦略が結構使えるんですね。
どういうことでしょう?
これは、フロントエンドとバックエンドを
用意している必要があります。
フロントエンドは、顧客と最初に取引する商品ですね。
バックエンドは、顧客と2回目以降に取引する商品のことです。
この、フロントエンドとバックエンドを
戦略的に市場に供給することで利益が大きくなります。

なぜなら、基本的にフロントエンドは
僕の例と同じように「失敗した」と思う人が多いんです。
前にもお話したと思いますが、その理由は商品の価値が
期待値を下回ったからですね。
つまり、価格ほど良い思いをしてないって原因がほとんどです。
ということは…
あなたは、競合と似たものをより安く
提供できれば良いわけですね。
そうすれば、顧客の創造が簡単にできます。
顧客の失敗したくないって欲求を
満たすことがポイントになるってことですよ。
なのでフロントエンドは価格で売る要素が大きくなるわけですね。
だから、「良いものをより安く」がキーワードになります。

次にバックエンドです。
顧客とバックエンドを取引するということは、
顧客はフロントエンドに満足したってことになりますよね?
もしそうじゃなければ、
バックエンドを取引しようって思わないと思います。
一度でも美味しくないと思ったラーメン屋に
リピートなんてしないですよね?
ということは、バックエンドに関しては
顧客はお金を払う意志があるってことになりますよね。
良い思いをしたから、再度取引をしてくれるって
ことじゃないでしょうか。
つまりバックエンドで顧客に価値を感じてもらって
お金を多く払ってもらえたら、
利益がたくさん出るってことになります。
ずーっとリピートしてくれたら有り難いですよね?
なので、バックエンドに関しては、
「より良いものをより高く」がキーワードになるんですね。
バックエンドは、
ベネフィットによって売るのが基本になるってことですよ。
フロントエンドのように
価格を安くすることで売るわけではないんですね。

だから結論はこうです。
フロントエンドは、「良いものをより安く」
バックエンドは、「より良いものをより高く」
これがあなたの取るべき戦略ですよ。

人事を尽くしてノーテンションでいきましょう。

P.S.
フロントエンドは、「より良い」ではなく「良い」で十分です。
まずは顧客を創造することが大切です。
つまり、「取引しやすい価格」で顧客の必要最低限が満たせれば
十分ってことなんですね。
家電なんかでエントリーモデルって
言われてたりするじゃないですか?
それに満足して始めて、
顧客はミドルクラスのモデルや
ハイエンドのモデルに手を出すわけです。
要するに、「より良い」を追求するのは
バックエンドだってことですよ。

ちなみに、「普通」ではダメですからね。
競合と同じってことになります。
悪い・普通・良い・より良いなら、
「良い」を目指しましょうってことですね。

ノウハウや戦術に騙されていないか?

%e3%83%8e%e3%82%a6%e3%83%8f%e3%82%a6%e3%82%84%e6%88%a6%e8%a1%93%e3%81%ab%e9%a8%99%e3%81%95%e3%82%8c%e3%81%a6%e3%81%84%e3%81%aa%e3%81%84%e3%81%8b%ef%bc%9f

昨日は、
大阪第2期のコーチンググループの
ミーティングでした。
主な内容はコンテンツライティング。
今読んでもらっているような
メルマガやブログ、
FacebookやYoutubeに至るまでの
「戦略」的な部分を伝えて来ましたよ。

戦略について、
僕はこの場を借りて
何度も言ってることがあります。
それは戦略がまずは大事で
小手先のノウハウや戦術に
騙されないようにしてくださいね
ってことです。
戦術の多くは、
ゴルフで例えると
ドライバーで300ヤード飛ばしたら
上手くいったということを
さも「秘訣」のように語ってる
だけなんですよね。
スコア80を一度切っただけで、
その時のクラブ選択や心境を
全てのプレイに当てはめることが
できると思いこんで伝えている
みたいな感じです。
そんなワケ無いですよね?
人によって筋力も能力も違うので
300ヤード飛ばせば良いって
わけじゃないですよね?
一度うまくいっただけの
クラブ選択や心境に
再現性があると思いますか?
ましてや、
その人とあなたとが
同じ環境や状態でプレイするなんて
万に一つもないですよね?
つまり、
そういうことを聞いても
あんまり使えないですし、
成果は出ないってことです。

ビジネスも同じですよ。
Facebookでいいねを100集めるとか、
ブログを毎日書き続けるとか、
YoutubeやPodcastで配信するとか、
それが確実な「秘訣」ってわけじゃ
ありません。
誰かが何か1つのビジネスで
年商1億円、3億円、10億円に
なったからと言って、
それがあなたのビジネスにとって
役に立つかどうかは別問題
ってことですね。

なので大事なのは戦略です。
物事の本質的な部分ってことです。
シンプルに纏めた部分ですね。
それが分かっていると
応用が効くようになります。
スコア80を一度切った時だけの
クラブ選択や心境を知るのではなく、
なぜそのクラブ選択をするのか
どういう心構えで望むのか
っていう部分です。
それが分かっていれば、
調子が悪くても300ヤード飛ばさなくても
スコア80を切ることは可能なはずです。
僕はスコア80切れないですけどね。笑
でも、
ビジネスで成果を出すことに対しては
再現性を発揮することができます。
それは戦略を把握してるからです。
物事の本質を見てるからだと思います。

経営コンサルティング会社で
世界初の株式上場を果たした
船井総合研究所の創業者、
船井幸雄さんはこう言ってたそうです。

戦略が正しければ
最初どんなにまちがった戦術や戦闘で
下手なことをしていても、
結局それらは訂正され、
正しい戦術、戦闘になるということであり、
逆に戦略がまちがっていると、
最初どんなにすぐれた戦術力、
戦闘力を持っていても
急速に役立たずになる。

戦略、
大事だと思いませんか?
まずは、
小手先のノウハウや戦術ではなく
戦略的な部分を見直してみては
いかがでしょうか。

人事を尽くしてノーテンションで
いきましょう。

P.S.
昨日のコーチングを受けたメンバーは
きっと今日の記事を読んで
楽しんでもらえてると思います。
戦略的なこともお伝えしましたが、
それを踏まえた上で
戦術的なこともお伝えしたからです。
「あー、アレ使ってる!」
「マジックナンバーですね。」
「◯◯の書き換えをしてるな。」
って具合に、
僕の戦略や戦術が見えるように
なってるはずですからね。
こういうことをちゃんと知って
ビジネスの成果を上げたいなら、
ぜひ次のグループコーチングを
募集する時は申し込んでみてください。

【至急】年収3000万円になるビジネス戦略

【至急】年収3000万円になるビジネス戦略

あなたは、
年収を3000万円にすることに
興味はありますか?

興味がないなら、
今回は読まなくても良いと思います。

というか、
読まないようにしてください。

今回、
僕の15年来の友人であり
先輩でもある中谷さんが、
年収1000万円のwebデザイナーや
コンサルタントの人を
年収3000万円以上にした
ビジネス戦略を公開するそうです。

僕のメルマガを読んでるあなたは、
僕が煽りでこんなことを言うとは
思ってないと思います。

そう思ってくれてると
信じてます。笑

というわけで、
煽りではなくて事実です。

中谷さんとは、
今はもう亡くなった社長の紹介で
出会いました。

15年前ですから、
二人共20代前半ですね。

僕は勢いがあるだけの
世間知らずな兄ちゃんだったと
思います。

あの頃は
二人共鳴かず飛ばずな状態でした。

生活費もロクに稼げないような
ほんっとに底辺だった思います。

そんな僕達が、
出会って数年が経った頃、
会社を立ち上げました。

中谷さんはHP制作会社、
僕はオタク関連事業の会社を
立ち上げたんですね。

会社を作った当時は、
僕も中谷さんから貰った仕事を
してました。

なんせ開業資金60万円で
会社を始めましたからね。笑

社員3人の会社で食べるには
それなりに仕事をやる必要が
あったんです。

その時も
色々と世話になりました。

それから程なくして、
あまり連絡を取らない期間が
できました。

僕の会社は戦略的に
オタク産業に参入をしたので、
業界ではそこそこに
名前が売れていきました。

メディア報道108回ですから、
新聞や雑誌、テレビにと
取材をされる会社になりました。

イケイケどんどんで、
次々に事業を立ち上げて、
上流へ上流へ向かっていきました。

でも…

再投資に次ぐ再投資を続け、
ブランド力を高めることに注力してたので
自分が思っていたほどに
僕は儲けることができてなかったのです。

そんな時、
久しぶりに中谷さんに会いました。

すると、
なんかバブリーになってました。笑

でも、
何かカネにまみれてそうな
空気だったんですね。

後に聞いたところによると、
その当時は金余りになっていて
散財してたらしいです。

そんな感じだったので、
僕は再び距離をおきました。

ただその時、
実は「運命の扉」が開いていたのです。

それから数年後、
再び僕は中谷さんに会いました。

相変わらず僕は、
そこそこ稼いではいるけれども
自分が望んだ未来ではないという
ビジネスライフを送ってました。

そんな僕の前に、
今度は晴れ晴れとした感じで
中谷さんは現れました。

「どうしたんですか?」

僕が聞くと中谷さんは、
新しいマーケティング戦略を
取り入れたと言ってました。

そのおかげで、
時間的な自由を手に入れたと。

お金も一番稼いでた時ほどじゃ
ないけど潤ってるとのこと。

なんか「自由」そうでした。

その姿に惹かれて、
「どこでその戦略を知ったんですか?」
と聞くとあの日の話が出てきました。

そう。

「運命の扉」が目の前で開いていた
あの日ですね。

実はあの時、
中谷さんはこんなことを言ってました。

近々、とある社長に会いに行ってくる。

そこでマーケティング戦略を
学んでこようと思ってる。

そう言ったんですね。

僕は会社もそこそこに大きくしてたので、
その時は「戦略」の必要性を
感じてはいませんでした。

でも、
その時に中谷さんが学んだ
マーケティング戦略によって、
中谷さんはさらにビジネスを
好転させていたのです。

それは中谷さんだけに
影響があったわけでは
ありませんでした。

中谷さんのクライアントや
中谷さんが身につけた
マーケティング戦略を教えた
人達にまで影響を与えていました。

その影響を分かりやすく言うと、
年収1000万円の経営者が
年収3000万円になったという
話ですね。

結局、
僕は自分の会社を手放す道に
進むことになりました。

だけど、
あの時にもし「運命の扉」に
飛び込むことができていたら…。

思い通りのビジネスライフに
できていたかもしれません。

今の僕の生き方は、
それなりに気に入ってます。

ただ、
あの時に一緒にビジネス戦略を
学ぶことができていたら…。

今より確実に
レバレッジを効かせることが
できていたに違いありません。

年商3億と言わず、
10億や30億もしかしたら100億と
行けたかも知れません。

あくまで可能性ではありますが。

なので、
今回は僕があなたの前に
「運命の扉」を開きました。笑

中谷さんがマーケティング戦略の
まずはアウトラインを
無料で公開するとのことです。

実際に会って、
あなたのその目と耳で
確認して欲しいそうです。

あなたがもし、
web制作やコンサルティングに
携わっているのであれば、
ここが【分岐点】になるかもしれませんね。

僕は経験者なので真剣ですよ。

あなたが、
「運命の扉」の前を
素通りされないことを願います。

web制作に関わってるなら↓
http://winks.jp/bfp/designer.php

コンサルティングに関わってるなら↓
http://winks.jp/bfp/consultant.php

P.S.
【人数限定】
しかも、
【4月8日】が締切です。

焦らず急いでくださいね。笑

web制作に関わってるなら↓
http://winks.jp/bfp/designer.php

コンサルティングに関わってるなら↓
http://winks.jp/bfp/consultant.php

P.P.S.
ちなみに、
この告知をしても
僕には一銭も入りません。笑

良い情報だと思うので
お伝えしているだけです。

なので、
あなたの周りにこの情報が
有益になりそうな人が居るなら、
ぜひ教えてあげてくださいね。

今、何を勉強したら良いかがわかる数字

今何を勉強したら良いかがわかる数字

最近、
経営における数字の重要性を
再認識しました。

KPIは本当に重要ですね。

KPIというのは、
Key Performance Indicator
と言います。

カギとなる実績の指標です。

日本語では重要業績評価指標
と呼ばれています。

要するに、
企業の活動をすべて数値化して
KPIを測定して判断するのが
重要ってことですね。

ただし、
1人が管理できるKPIの数は
限られているので
すべてのKPIを自分で見る必要は
ありませんよ?

で、
KPIの話をしだしたら
キリがないのでこの辺にして
1つ気づいたことがありました。

それは…

今、何を勉強したら良いのか?
ってこと。

特に戦術の勉強は、
KPIから見極めるべきだって
ことですね。

分かりやすく言えば
短期的な行動に関する勉強です。

例えば、
KPIとしてツイッターの
フォロワー数を設定したと
しましょう。

ツイッターからホームページへ
アクセスしてくれる人が
多いということがわかった場合。

ツイッターのフォロワー数を
増やすことは重要ですよね?

だから、
そういう場合はKPIに
ツイッターのフォロワー数を
設定するわけです。

そして目標を立てます。

3ヶ月以内にフォロワーを
1000人にするという感じですね。

そうして、
KPIを管理しはじめて2週間、
数字が伸びなかったとします。

KPIであるフォロワー数が
30しか増えなかった。

このままだと目標の達成は
不可能だと予測されます。

KPIの目標値は2000なのに
現状は30だったら問題ですよね?

そこで…

勉強です。

つまり、
目標値にKPIが到達しないと
現状との差を感じた時こそ
今すぐにでも学ぶ必要性のある
タイミングってことです。

もちろんアウトソーシングを
考えるのも一つです。

勉強しても成果が出せるとは
限らないわけですから、
プロに任せるのもありだと
思います。

それでも、
自分でやる必要があるのなら
KPIをキッカケにするのが
良いと思います。

そうすることで、
あなたに今、本当に必要な勉強だけに
集中することができるんじゃ
ないでしょうか?

今回の例の場合は、
ツイッターのフォロワー数を
増やすために読書するとか、
セミナーに参加して学ぶとかですね。

もしくは、
ツイッター以外の効果的な戦術を
探すというのも手だと思います。

これなら、
何でもかんでも勉強して
行動がおろそかになるなんてことが
なくなると思います。

もしあなたが
KPIを管理せずに戦術の勉強ばかり
しているようなら試してみてください。

今必要な勉強はKPIで
判断していくってことですよ。

P.S.
人間性についてや戦略的なことは
常日頃から勉強しておくと
良いと思います。

大事なのは
今は必要がない勉強を
行動よりも優先してしまうのを
なくそうってことですよ。

理念なんていらない?

理念なんていらない?

今日もノーテンションで
人事を尽くしていきましょうね。

ムラモトヒロキです。

以前、軽く相談を受けた
会社さんがありました。

軽くだったので
深入りはしなかったのですが、
後になって状況が芳しくない
という話が聞こえてきました。

従業員の方と面識があったので、
詳しく話を聞いてみると、
会社の方向性であるビジョンや
それを実行に移す為の戦略で
揉めているとのことでした。

お前のその考えは間違っている
とか、
私はそうは思いません
とか、
5人がYesで3人がNoだからYes
とか、
そんな感じで進むそうです。

僕はその話を聞いて、
「早く理念を決めた方が良い」
と伝えました。

書籍なんかを読んでいると、
起業する時に理念なんて必要ない!
みたいな書き方をしているものが
あります。

見たことありませんか?

正直、
だから10年以内に95%の会社が
倒産するんだよねって思います。

なぜかと言うと…

1.人格否定になる

理念がなく議論した時、
相手の意見を否定すると
人格否定をされたように
感じる人がほとんどのようです。

意見自体を否定しているはずですが、
意見を言った人間性が否定されたと
受け止められるんですね。

そのように受け止めた人は、
返す刀であなたを
否定しようとしてきます。

目には目をという具合です。

それでもあなたが
相手を論破した場合、
遺恨を残すことになります。

あなたは気づいていないかも
しれませんが、
あなたのいないところで
あなたの悪口が増えていますよ。笑

そんな人格否定を防ぐのが
理念の存在です。

例えば僕の会社の場合、
当初の理念は
「ムーブメントを起こす」
でした。

つまり話題になって流行を
生み出すような流れを
創りだそうという理念です。

その理念が指針になります。

だから、
こういう事業展開はどうか?
という意見があったら、
「それはムーブメントを起こすのか?」
と議論しました。

メディアに取り上げられ、
顧客が喜んで受け入れて、
大きな時流を生み出すのかに対し
良いのか悪いのかを判断して
いたんです。

そうやって理念があると、
理念を基準に考えますよね。

そうすると、
意見を否定されたとしても、
あなたではなく
理念に反するのだからと
受け入れられるわけです。

これは、
理念やビジョンやミッション、
クレドや社是や社訓といったもの、
言ってみたら
戦略や計画や戦術に至るまで
同じことだと思います。

つまり、
僕はそれらをまとめて
「指針」と表現していますが、
指針があるから内部顧客は
ブレずにビジネスを進めることが
できるようになるのだと
思いますよ。

次回に続きます。
続・理念なんていらない?