集客

バケツに穴が開いているのですが・・・

0417バケツに穴が開いているのですが・・・

あなたは、こんな時どう考えますか?

例えば、目の前にバケツがあったとします。
そのバケツを使って水を汲まなければいけません。
水道からバケツに水を入れ、子供用のプールに水を移動します。

ただし、ここで問題が発覚しました。
バケツに穴が開いているようです。
水道で水を汲んでるそばからどんどん穴から水が出ていきます。
子供用のプールに移動する間もどんどん穴から水が出ていきます。

さて、あなたはどうしますか?

この話はとんちとかではないので、変に勘ぐる必要はありません。笑
ホースを使った方が良いとか、プールを近づけたら良いとか、そういうことじゃありません。
だとしたらどう答えるか?
恐らく、あなたはこう答えるんじゃないでしょうか?
「バケツの穴を塞ぎます。」
そうですね。
それが適切な答えだと思います。
バケツの穴を塞げば、それだけ早くプールに水が溜まりますよね。

では、もう1つ質問させてください。
あなたは集客をしています。
集客をして新規顧客を集めなくてはいけません。
集客をして顧客を集めて売上目標を達成する必要があります。

ただし、ここで問題が発覚しました。
顧客が離脱してしまっているようです。
集客で新規顧客を集めているそばからどんどん顧客が離れていってしまいます。
目標売上を達成しようとしても顧客がリピートしてくれない状況です。

さて、あなたはどうしますか?

多くの経営者は、ここで間違った判断をしています。
つまり・・・「さらに新規顧客を集める。」っていう回答をするんですね。

それはバケツの話で言うと?
「バケツの穴を塞ぎます。」ではないですよね?
「水道から入れる水を増やします。」っていう回答です。
この矛盾がお分かりいただけますか?

要するに、バケツの話の場合であれば穴を塞ぐと答えるのに、
集客の話になったらとたんに水道から入れる水を増やすって回答になってしまってるんです。
おかしな話ですよね?
適切な回答は、「顧客の離脱を防ぎます。」ってことじゃないでしょうか?
つまり、「顧客を維持する施策を行う」ってことですね。
顧客の維持ができれば、それだけ早く売上目標に到達しませんか?

あなたは、バケツの穴を塞ごうとしていますか?
それとも、水道から入れる水を増やそうとしていますか?

眞心マーケティングと眞心イノベーションを
心がけていきましょう。

P.S.
この話は、もちろんステージによっても優先度は変わってきます。
ですが、その話もバケツの穴がある程度小さいことが前提です。
穴が小さければ、水道から入れる水を増やして回転力を上げるという手も使えます。
ただ、バケツの大きすぎる穴を塞がずに入れる水をどんなに増やしても、
意味がないのはお分かりいただけますよね?
あなたのバケツの穴はどれくらいの大きさでしょうか?

クーポン集客の致命的な間違い

%e3%82%af%e3%83%bc%e3%83%9d%e3%83%b3%e9%9b%86%e5%ae%a2%e3%81%ae%e8%87%b4%e5%91%bd%e7%9a%84%e3%81%aa%e9%96%93%e9%81%95%e3%81%84

先日、
ペッパーランチとかいう
ステーキのファストフード店に
行ってみました。

家の近くにあるのでかなり前から
知ってたのですが、
なかなか行く機会がなくて初体験。

入店して注文しようとすると、
「ドリンククーポンなどはお持ちですか?」
と聞かれました。

たぶんクーポンが存在してるんですね。

で、
注文を済ませて食事をして
お会計を支払うと出てきたましたね。

クーポン。

次回はドリンクが1杯無料のようです。

あなたもこんな経験ありますよね?

お店でクーポンをもらうっていう
経験です。

あなたがもし店舗をしてるなら
同じようにクーポンを発行したりも
してるんじゃないかと思います。

でも…

多くの経営者が致命的な間違いを
犯しています。

その間違いとは…

効果測定をしてないことです。

つまり、
クーポンを出してはいるものの
その効果がどれぐらいあるのかを
集計してないってことですね。

要するに、
クーポンを発行するっていう
やり方だけを真似してて、
その真意を理解してないっていう
パターンです。

実際、
クーポンを活用しているところは
ちゃんと効果測定をしています。

どの種類のクーポンを出した時に
顧客の反応が良かったのか。

どの時期にクーポンを出したら
どんな反応が得られるのか。

そういった効果測定を行っています。

そうすることで、
集客したい時にどのクーポンを
出せば良いのかが分かるっていう
仕組みです。

ちなみに、
僕のクライアントのカフェでは
400円ぐらいの「スイーツ無料」の
クーポンを配布しています。

すごくないですか?

スイーツが無料って。

カフェでスイーツを無料にして
何を売るねんって感じじゃ
ないです?笑

しかも、
毎週クーポンの内容が変わるんですよ。

それらのクーポンは
メルマガ、チラシ、Twitterで
配布されています。

そして、
すべての効果測定が行われてます。

そのおかげもあって、
オープンから7ヶ月が経ちましたが
すでにリストは7300人です。

Twitterのフォロワーは2200人。

なかなかだと思いませんか?

あなたも
クーポンを出す時は効果測定をして
確実に見込顧客を集めてくださいね。

ただクーポンを出せば良いわけじゃ
ないですよ?

P.S.
クーポン自体の効果測定も大事ですが、
クーポンを使って効果測定をする方が
もっと大事です。

要するに、
チラシやメルマガなどの広告に
クーポンを付けることで、
その広告の効果測定をすることが
重要ってことですね。

クーポンも付けずに
むやみにチラシを配っているなら
要注意です。

あなたが集客を成功させるコツ

あなたが集客を成功させるコツ

クライアント企業の一社から、
コーチング2ヶ月目で
昨年同月比2倍、前月比2倍の
成果が出たと報告がありました。

超うれしいですね。

引き続き、
人事を尽くしていこうと思います!

では今日の話題へ。

僕が新しい事業を始める時、
しつこく何度も言ってた
セリフがあります。

それは…

「うまくいってるところは
あるの?」

って質問です。

これはクライアントにも
同じようにお伺いしてます。

「同じようなビジネスで、
うまくいってるところは
ありますか?」

こんなことを聞くと、
少し嫌な顔をされることが
多いんですけどね。笑

その感情の後ろには恐らく、
「新しいもの」を生みたいという
欲求があるのではないかと
思います。

新しいものでないと、
目立たないとか、
注意が引けないとか、
ニュースにならないって
思ってるんじゃないでしょうか。

だから、
セオリー通りじゃダメだとか、
マネはしたくないとか、
過去は参考にならないとか、
言うんだと思います。

でも…

僕の経験上、
その考え方はキケンでしょうね。

と言っても、
経験で証拠として提示できるのは
メディア報道実績が108回以上
ってことぐらいですけど。

それでも、
僕の会社や僕と同じように
新聞で記事にしてもらうとか、
テレビの取材に来てもらうとかを
あなたが「意図的」に、
しかも複数回、複数の事業で
やったことがないなら、
僕の話を聞く価値はあると
思いませんか?

要するに、
僕は「注目を集める方法」を
知ってるってことじゃないかと
思います。

日本だけじゃないですよ?

海外のメディアも来て
取材されたこともあります。

恐らく万国共通のやり方です。

というわけであなたに、
集客で注目を集める方法を
お伝えしようと思います。

その方法は簡単です。

「巨人の肩の上に乗れ」です。

これは、
過去に知識の話をした時にも
出した話なんですけどね。

ニュートンが用いたことで
有名な言葉を引用してます。

つまり、
先人の積み重ねた知識を
活用しましょうよってことです。

ここで言う先人は、
「直接競合」「間接競合」
「異業種」も含みます。

だから、
「うまくいってるところは
あるの?」
って聞くわけですね。

うまくいってる先人の
肩の上に乗れってことですよ。

ちなみに、
大事なポイントは2つです。

1つは先人がうまくいってること。

もう1つは肩の上に乗るってこと。

要するに、
「新しいもの」というのは、
この2つのポイントを押さえたら
生むことが可能ってことですよ。

まったくの、
誰も見たことがないような
新しいものを生もうとするのは
キケンです。

余程の資産を持ってるか、
あなたが本物の天才でない限り、
その発想は捨てたほうが
懸命だと思いますよ。

なんせ、
あのニュートンですら
それはできなかったと
言ってるぐらいですからね。

あなたが集客を成功させたいなら、
まずは「うまくいってるところ」を
探してみてはいかがでしょうか。

そして、
ほんのちょっとだけ、
あなたの「強み」を使って、
「プラス」したり
「マイナス」したり
してみてくださいね。

それだけで、
あなたは爆発的な集客が
できるようになるはずですよ。

P.S.
実は、
「ニュース」にしようとすると、
もう1つポイントがあります。

でも、
それはヒミツです。笑

僕のクライアントだけが
知ることができます。

ただ、
巨人の肩の上に乗るってだけで、
十分に集客効果は出ると
思いますよ。

まずは、
「うまくいってるところ」を
探すところから
始めてみてくださいね。

たった3日間で13,371人を集客したメディア

たった3日間で13,371人を集客したメディア

最近見たブログで、
今さらアメブロとか
センスが無い。

みたいなことを言ってる人がいて
逆にセンスないなぁと
思いました。笑

ぶっちゃけ、
どのメディアが良いかなんて
顧客層やマーケティングによって
異なる話です。

職種によっては、
今反応が良いと言われてる
フェイスブック広告が
使えない場合もありますよね。

リスティング広告が使えない
場合もあるでしょうし、
純広告が出せないような商品も
あるはずです。

LINE@が良い場合もあるでしょうし、
ツイッターでまだまだいけるとか、
YOUTUBEやPodcastもありかも
しれません。

要するに、
「あなたの顧客」がどこに居るか?

これ次第なわけですね。

だからメディアについて、
何が良いか?なんて聞かれても
答えられるわけがありません。

逆に、
あなたのハイパーレスポンシブ
(あなたのオファーに
何でも反応してくれる顧客)は
何を見てるんですか?
って質問をすることになります。

つまり、
あなたの顧客に聞きましょうね
ってことです。

そうやって見つけた
「正しいメディア」を
あなたはどれだけ使ってますか?

ちなみに
グループコーチングのメンバーで
最近アクセス0からたった3日間で
13,371人をHPに集客した
コンセプトカフェが使ってる
メディアは以下の通りです。

・ホームページ
・ツイッター
・アメーバブログ
・YOUTUBE
・リマーケティング
・リターゲティング
・プレスリリース
・マスメディア(取材対応)
・メールマガジン
・フォローメール
・街頭チラシ配布
・店頭チラシ設置(JV)
・ポイントカード
・看板
・人(紹介クーポン)

いかがですか?

あなたはコレだけの
メディアを使って
顧客にアクセスしようと
していますか?

もちろんすべてが
効果的かと言われたら
そんなことはありません。

テストしながら、
反応を見ながら調整です。

でも、
起業1ヶ月でコレですよ?

それならもっと長い期間
経営しているあなたは、
効果的なメディアを
もっと持っていてもいい
って思いませんか?

これは恐らくですけど、
ほとんどの経営者が
顧客にアクセスするメディアを
広く展開していません。

人からの紹介だけに頼ってるとか、
SEOで検索エンジン経由とか、
店を構えているだけとか、
そういう感じじゃないかと
思います。

そして集客ができないって
嘆いているんですね。

ただ、
もう一度見てください。

起業1ヶ月目で
コレだけのメディアを使って
顧客にアクセスしようと
しています。

・ホームページ
・ツイッター
・アメーバブログ
・YOUTUBE
・リマーケティング
・リターゲティング
・プレスリリース
・マスメディア(取材対応)
・メールマガジン
・フォローメール
・街頭チラシ配布
・店頭チラシ設置(JV)
・ポイントカード
・人(紹介クーポン)

もしあなたが
顧客にアクセスする為のメディアを
数個しか持っていないようなら
スグにでも顧客に何を見てるか
聞いた方が良いと思いませんか?

そうすれば、
必ずもっと集客ができるように
なるはずです。

P.S.
だからといって、
闇雲にメディアを展開しても
意味がありません。

チラシ→ツイッター→HP
→メールマガジン→ポイントカード
→フォローメール→リマーケティング

こんな感じで連動していることが
重要です。

そうすれば、
顧客創造と維持の循環の構築が
実現できるはずですよ。

P.P.S.
今回挙げたメディアを使って、
結局33日間で24,846人が
HPにアクセスしてくれてる
みたいですよ。

マーケティングシステムを作って
顧客創造と維持の循環を構築する。

やらない手はないですよね?

集客がうまくいかない思いこみ

集客がうまくいかない思いこみ

先日、
新しい事業の相談を受けました。

こういうことをしようと
考えてますって言われたので、
理想の顧客像を伺いました。

「ペルソナって決まってますか?」

って聞いたんですね。

すると、

「この類の人達だと『思います。』」

との回答が。

相談内容を明かせないので
よくわからないかもしれません。

でも、
大事なのは相談内容じゃなくて、
「思います」ってところです。

これ昔から
従業員にもよく言ってました。

「思います」は、
どーでもいいよと。笑

事実を教えて欲しいって
言ってました。

なぜなら、
「思います」ってのは
キケンだからです。

特に「ペルソナ」とか「アバター」
って言われる理想の顧客を
設定する時は絶対ダメですよ?

フタを開けたら
全然集客がうまくいかない
ってパターンは、
この「思います」っていう
曖昧さが原因だったりします。

要するにあなたが想像で、

欲しいって言ってくれると
「思います」って顧客とか、

お店に来てくれると
「思います」って顧客や、

喜んでくれると
「思います」なんて顧客は

存在してないかもしれないって
ことです。

存在してない顧客を想定して
事業を立ち上げたとしたら?

それってキケンじゃないですか?

集客ができなくて
当然ですよね。

だから僕は常に、
顧客が存在するのかどうかを
確認するように伝えます。

思いますじゃなくて
欲しいって言ってる顧客が
居るってことですか?とか、

お店に行きますよって言ってる
顧客が居るんですか?とか、

絶対に買いますって言った
顧客が居るんですね?って
感じです。

それでも、
実際にフタを開けてみたら
あれだけ言ってた顧客が
あなたのもとには来なかった
なんてことは
全然あり得ますからね。

ビジネスの基本は、
「需要」と「供給」ですよね?

だから、
「需要」が確かにあると
確認できてないのは、
問題があるってことです。

「思います」じゃなくて、
ペルソナと同じ顧客層が
確かに居るっていうところを
見つけてくださいね。

P.S.
あなたが
余程の天才じゃない限り、
あなたのアイデアに似たものが
世の中には必ず存在しています。

そういった似たアイデアが
ビジネスとしてやられていて
流行ってるならラッキーです。

あなたのアイデアが
そのビジネスの問題点を
解決できているなら
新しい事業はうまくいく確率が
高いってことですよ。

ネットで商品が売れない理由

ネットで商品が売れない理由

先日、
経営者の方から相談を
いただきました。

商品をネットで売りたいけど
イマイチ成果が出ていない
そうです。

そこで集客をどのように
しているのかを聞いてみたら
こんな回答をされるんですね。

集客は、
ホームページでしています。

なるほど…。

ホームページは営業マンの
代わりになります。
なんてセールストークが
HP制作業者の間で使われています。

まぁ、確かにその通りだと
僕は思います。

広告はSalesmanship in printと
言われるぐらいなので、
ホームページがその役割を
果たすのに異論はありません。

洗練されたホームページなら
優秀な営業マンよりも
働いてくれるのは
間違いないでしょうね。

なんせ24時間365日
稼働し続けてくれるわけですし。笑

でも…

営業って社内で座ってる
だけでしょうか?

注文の電話が入らないって
ボケーっとしてるだけです?

違いますよね?

アウトソーシングしてなければ
テレアポをすることも
あるはずです。

顧客のところへ
足を運ぶこともあるでしょう。

DMに反応があったところへ
アプローチするなんてことも
あるはずですよね?

じゃあ質問ですが、
ホームページって
テレアポしてくれますか?

ホームページが汗水たらして
顧客のところへ訪問したり、
DMに反応があったところへ
勝手にアプローチするとか
あり得ますか?

ないですよね?笑

つまり、
顧客にアクセスする部分は
別の何かや誰かがやらないと
いけないってことですよ。

ここを分かっていない
経営者の方が多いんじゃ
ないかと思ってます。

要するに
ホームページは広告ですが、
ホームページを見てもらう為の
広告も必要なんです。

その証拠に、
テレビCMを見るとわかります。

「詳しくはWebで」

ってセリフを聞いたことが
ありますよね?

これはホームページを
見てもらうための広告の
役割を果たしてるってことじゃ
ないでしょうか?

これらを簡単に書くと
こんな感じです。

テレビ→ホームページ→行動
DM→ホームページ→行動
チラシ→ホームページ→行動
PPC→ホームページ→行動
専門サイト→ホームページ→行動
YOUTUBE→ホームページ→行動

挙げるとキリがないですが、
テレビのところに入るのは
「広告」もしくは「メディア」です。

だから、
ブログ、Twitter、Facebook、
Instagram、メルマガ、etc…
などが考えられますね。

看板、パンフレット、紹介、
なんていうアナログや人を介した
やり方も考えられるはずです。

大手なんかで
ステップが多い場合は、
テレビCM→テレアポ→無料資料
→ホームページ→行動
みたいな感じですよ。

つまり、
ホームページがあるのに
イマイチ成果が出ていない
最も大きな要因は、
ホームページの前の過程が
欠けているとか弱いって
ことになると思います。

そして、
ホームページにアクセス数が
多いにも関わらず
成果が出ていないというなら
ホームページに問題がある
ってことでしょうね。

あなたが望む成果が出ないのは、
ホームページの問題でしょうか?

それともホームページの
前の過程の問題でしょうか?